野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム清宮が2種類のバット持参で新人合同自主トレ「売りはバッティング」

日本ハムのドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が9日、千葉・鎌ヶ谷で行われた新人合同自主トレでプロとしてのスタートを切った。

鎌ヶ谷で自主トレを行う日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
鎌ヶ谷で自主トレを行う日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

紅白戦は2月17日に開始「どこまでやれるか勝負したい」

 日本ハムのドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が9日、千葉・鎌ヶ谷で行われた新人合同自主トレでプロとしてのスタートを切った。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 集まった報道陣は40社121人。前夜の雨でグラウンドコンディションが悪く、集まった500人のファンに姿を見せることはなかったが、室内練習場で2時間15分にわたり汗を流した。

 時折笑顔を見せながら、体幹トレーニングやティー打撃、ノックなどをこなした清宮は「どんな感じかなと思っていましたが、1回やって雰囲気もつかめました」とスムーズに第一歩を踏み出した。

 20分間のティー打撃では2種類のバットを使った。「最初はヘッドが効いた重たいものを使って、その後に軽いもので」と高校時代と同じやり方で振り込んだ。用意したバットはモデルがあるものではなく「ミックスみたいな感じです。今まで自分が使っていたものに、グリップは違うものを」というオリジナル。「探り探りです」とこれから自分の感覚に合うものを探っていく。

 栗山英樹監督からはルーキー全員に、2月17日の紅白戦で実戦的な勝負が始まる旨が告げられた。清宮は「具体的な日にちを聞いて、あまり時間がないなと正直思いました。でも、1か月あるので、どこまでやれるか勝負したい」と力を込めた。

 アピールするのは、もちろん打撃だ。「売りはバッティングなので、この期間にやれることをしっかりやって、準備ができれば。キャンプもそろそろ決まると思う。1軍に行きたい気持ちがあるので、しっかり準備して、いつでも行けるぞという姿を見せたい」と話した。

 午後はトレーニング理論など座学に臨んだ黄金ルーキー。いよいよ前途洋々たるプロ生活に船は乗り出した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬