野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・甲斐が打力アップで真の正捕手へ “4割打者”からの助言がヒントに

「真の要になれるように」――。何度も、何度も、この言葉を繰り返す姿が印象的だった。1月9日。厳しい寒さの中、ファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」で行った自主トレを報道陣に公開したソフトバンクの甲斐拓也捕手。2017年、一躍脚光を浴び、ゴールデングラブ賞とベストナインのW受賞という飛躍を遂げた男には自信も、余裕も皆無。危機感をありありと感じさせていた。

真の正捕手を目指し自主トレに励むソフトバンク・甲斐拓也【写真:福谷佑介】
真の正捕手を目指し自主トレに励むソフトバンク・甲斐拓也【写真:福谷佑介】

17年はゴールデングラブ賞とベストナイン受賞も「出させてもらって頂いた賞」

「真の要になれるように」――。何度も、何度も、この言葉を繰り返す姿が印象的だった。1月9日。厳しい寒さの中、ファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」で行った自主トレを報道陣に公開したソフトバンクの甲斐拓也捕手。2017年、一躍脚光を浴び、ゴールデングラブ賞とベストナインのW受賞という飛躍を遂げた男には自信も、余裕も皆無。危機感をありありと感じさせていた。 

「このオフが大事になると思っています。追い込んで、苦しんでやるべきことをやって、真の要になれるようにやっていきます。去年は試合に出させてもらって(Gグラブ賞とベストナインは)頂いた賞。使ってくれた監督に感謝していますし、野球で返せるように、そういう1年にしたいと思う。危機感もちろんありますし、安心感とかないですし、大丈夫だなんてこれっぽっちも思っていないです」 

 2010年の育成ドラフト6位で大分の楊志館高からソフトバンクに入団した甲斐。2013年オフに支配下登録された身長170センチの小柄な捕手にとって、2017年は人生の転機となる1年となった。キャンプからの懸命のアピールが実り、初めての開幕1軍の切符を掴むと、2016年の13試合を大きく上回るキャリアハイの103試合に出場。ベテランの高谷裕亮との併用ではあったものの、主に東浜巨、千賀滉大という若い投手とコンビを組み、チームを日本一に導いた。

人気記事ランキング