野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤンキースのダル獲り加速? アストロズがコール獲得で…NY紙「扉が開く」

アストロズはFAのダルビッシュ有投手獲得に動いている球団の1つだったが、これで先発ローテーションは万全の体制となったため、撤退が濃厚。一方、コールを狙っていたヤンキースが、ダルビッシュ獲りにさらに力を注ぐ可能性が高まってきた。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

アストロズはダル争奪戦から“撤退”へ、コール獲得に動いていたヤンキースが…

 アストロズは13日(日本時間14日)、パイレーツからエース右腕ゲリット・コール投手を1対4のトレードで獲得したと発表した。アストロズからはジョー・マスグローブ投手、コリン・モラン内野手、マイケル・フェリス投手、ジェイソン・マーティン外野手の4選手がパイレーツに移籍する。アストロズはFAのダルビッシュ有投手獲得に動いている球団の1つだったが、これで先発ローテーションは万全の体制となったため、撤退が濃厚。一方、コールを狙っていたヤンキースが、ダルビッシュ獲りにさらに力を注ぐ可能性が高まってきた。

 ニューヨークの地元紙「ニューズデイ」は、トレード成立を受けて「アストロズがコールを獲得、ヤンキースにとってはダルビッシュ獲得への扉が開きだす」との見出しで伝えた。記事の中では、「アストロズがワールドシリーズ制覇を果たしたローテーションをさらに強固なものにする一方で、第7戦で彼らが打ち破った投手が未だに今オフの注目先発投手として残っている。ヤンキースがトレードで獲得を狙っていたゲリット・コールは、アストロズに移籍。この動きで、ヤンキースはダルビッシュ獲得の候補球団の一つとして残ることになった」と伝えている。

 昨年のワールドシリーズでは、ダルビッシュを2試合続けてKOし、球団史上初の世界一に輝いたアストロズ。今オフにはレンジャーズ、ヤンキース、カブス、ツインズ、ドジャースとともに、ダルビッシュ獲得の候補6球団の1つとなっていた。ただ、トレードで先発投手の補強に成功した形だ。

人気記事ランキング