野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「大田が天狗になることはない」―日ハムの緒方新コーチが更なる飛躍に期待

一昨年、日本一に輝いた日本ハムは昨年、リーグ5位という悔しい結果に終わった。今オフには、多くの新コーチを招聘。目玉の1人となるのが、新設の「野手総合コーチ」に就任した緒方耕一氏だ。古巣の巨人や野球日本代表「侍ジャパン」でコーチを歴任後、野球解説者を務めていたが、8年ぶりに本格的に現場復帰する。

日本ハムの野手総合コーチに就任した緒方耕一氏【写真:岩本健吾】
日本ハムの野手総合コーチに就任した緒方耕一氏【写真:岩本健吾】

新設の「野手総合コーチ」に就任「誰がレギュラーを獲るのかというのは当然、競争」

 一昨年、日本一に輝いた日本ハムは昨年、リーグ5位という悔しい結果に終わった。今オフには、多くの新コーチを招聘。目玉の1人となるのが、新設の「野手総合コーチ」に就任した緒方耕一氏だ。古巣の巨人や野球日本代表「侍ジャパン」でコーチを歴任後、野球解説者を務めていたが、8年ぶりに本格的に現場復帰する。

 現役時代には巨人で2度の盗塁王(1990、93年)に輝いたスピードスターは、「『自分が入ったから(チームが)こう変わったんだ』と言うのはどうかと思う」と急激な“改革”には否定的ながらも、盗塁数の増加については「少しでも力になれれば」と意欲を見せる。各ポジションの激しいポジション争いを望み、巨人から移籍してブレークした大田泰示外野手に対しては、さらなる飛躍を期待した。

――2017年の日ハムについては、どう見ていましたか?

「エースと4番というところから入ると、大谷選手がシーズンを通して万全ではなく、投打ともに十分に力を発揮できなかった部分はあると思います。そこが一番大きかったのかなと。あとは中田翔ですよね。自分でもすごく苦しいシーズンになったと感じているんじゃないですかね。打線で言えば、近藤選手も素晴らしいスタートを切ったけど、残念ながら2か月くらいで離脱してしまったので、なかなか打線全体が厳しかった」

――田中賢介が出場機会を減らし、中島卓也が負傷離脱した二遊間はレギュラーを固定できなかった。その分、若手の台頭も目立ちました。

「誰がレギュラーなのかというと、ボヤッとしてしまった。固定できなかった。そういうことも大きかった。ただ、二遊間をああしたい、こうしたいではなくて、誰がレギュラーを獲るのかというのは当然、競争です。なので、こちらが『誰が獲ってほしい』というのは全く無くて、ファンの人も見ていて『こいつがレギュラーと言える数字を残したな』というくらいまで存在感を出す人が二遊間に現れてくれたら大きいですね。ああいう状況だったので、みんなが競争という意識を持っているでしょうから、こっちがどうこうではなくて、選手が闘争心を持って、競争という気持ちを持ってやってくれるんじゃないかなと思ってます」

人気記事ランキング