野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

12球団屈指の顔ぶれ? 昨季HR王&米ドラ1右腕が加入した巨人の助っ人陣容

屈辱的な1年となった2017年の巨人。3年ぶりのVを狙った昨季は72勝68敗3分と4つの貯金を作りながら、球団ワースト記録となる13連敗を喫した。広島に連覇を許しただけでなく、阪神、DeNAの後塵も拝した。2006年以来、11年ぶりのBクラスとなる4位。2007年にスタートしたクライマックシリーズにも初めて出場出来ず、早々とシーズンオフを迎えることになった。

巨人への入団が決まったヤングマン【写真:Getty Images】
巨人への入団が決まったヤングマン【写真:Getty Images】

4年連続V逸となれば、球団ワーストタイとなる巨人

 屈辱的な1年となった2017年の巨人。3年ぶりのVを狙った昨季は72勝68敗3分と4つの貯金を作りながら、球団ワースト記録となる13連敗を喫した。広島に連覇を許しただけでなく、阪神、DeNAの後塵も拝した。2006年以来、11年ぶりのBクラスとなる4位。2007年にスタートしたクライマックシリーズにも初めて出場出来ず、早々とシーズンオフを迎えることになった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 長い巨人の歴史にあって、高橋由伸監督が就任して3年目となる2018年は、非常に重要なシーズンになるかもしれない。2014年に日本一になってから2位、2位、4位と3年連続でリーグ優勝を逃している。4年連続V逸となれば、2003年から2006年に並ぶ球団ワースト記録となる。不名誉な記録に並ばぬためにも、何としても頂点を奪還したいところだ。

 昨季はマイコラス、マシソン、カミネロ、マギーと4人の助っ人が活躍し、4人の外国人枠を十分に活用し、助っ人は十分な働きを見せた。だが、先発ローテの柱だったマイコラスはカージナルスへの移籍が決まってメジャー復帰。貴重な先発投手が1枚流出することになった。ギャレット、育成のソリマンも退団となった。

 4年ぶりの優勝を狙う2018年シーズン。まず、昨季中日で本塁打王に輝いたゲレーロを獲得。さらに、1月16日には2011年の全米ドラフトでブルワーズに1巡目指名を受けたヤングマンを補強した。これにより、投手は先発のヤングマン、リリーフのマシソン、カミネロの3人、野手はマギー、ゲレーロの2人の5選手に。4つの外国人枠の中で、リーグ屈指の実績を持つ5人を起用していくことになる。ここでは2018年の巨人の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」