野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打撃3部門は野村克也が独占、門田に松田&和田も…ホークス歴代投打5傑

福岡ソフトバンクホークスは、前身の南海時代から数えると今年が80周年になる。球団も80周年記念マークを今年1年掲示していく。ホークスの歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:荒川祐史】

松中や小久保も、ホークスの歴史を彩った名選手たち

 福岡ソフトバンクホークスは、前身の南海時代から数えると今年が80周年になる。球団も80周年記念マークを今年1年掲示していく。ホークスの歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。(ホークスのみの成績、※は現役)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○通算安打数5傑
1.野村克也 2813安打(1954-77年)
2.門田博光 2317安打(1970-88年、90-91年)
3.広瀬叔功 2157安打(1956-77年)
4.松中信彦 1767安打(1997-2015年)
5.小久保裕紀 1670安打(1994-2002年、2007-12年)

 24年間、南海ホークスの本塁を守った野村が1位、南海、ダイエーで40歳過ぎまで活躍した門田、韋駄天で鳴らした広瀬と続く。福岡勢の1位は3冠王・松中。また、現役では昨年チームに復帰した川崎宗則が1376安打でトップだ。

○通算本塁打数5傑
1.野村克也 645本(1959-77年)
2.門田博光 503本(1970-88年、90-91年)
3.松中信彦 352本(1997-2015年)
4.小久保裕紀 319本(1994-2002年、2007-12年)
5.松田宣浩 212本(2006年-)※

 NPB史上2位の本塁打を記録した野村、続いて門田、3冠王・松中、小久保と続く。現役の松田は昨年、城島健司(211本)を抜いて史上5位になった。

○通算打点5傑
1.野村克也 1640打点(1959-77年)
2.門田博光 1494打点(1970-88年、90-91年)
3.松中信彦 1168打点(1997-2015年)
4.小久保裕紀 1066打点(1994-2002年、2007-12年)
5.堀井数男 785打点(1943-59年)

 打点部門でも野村、門田、松中、小久保の順。5位の堀井は戦前から昭和30年代まで南海の5番打者として活躍。現役では松田宣浩の733打点が1位だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」