野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「サードしかない」―鷹・松田が激白、“歴代最高”への思いとグラブの秘密

昨季、2年ぶりの日本一に輝いたソフトバンクで3年連続全試合出場を果たし、チームを牽引したのが、ムードメーカーの松田宣浩内野手だ。キャンプインへ着々と準備を進めている男は、チームの2連覇とともに今季の個人目標は「全試合出場」と「6年連続ゴールデングラブ賞」に設定。独占インタビューに応じ、守備にこだわるシーズンにすると誓った。

インタビューに応じるソフトバンク・松田宣浩【写真:中村彰洋】
インタビューに応じるソフトバンク・松田宣浩【写真:中村彰洋】

5年連続GG賞に輝く松田に独占インタビュー、2018年は守備にこだわるシーズンに

 昨季、2年ぶりの日本一に輝いたソフトバンクで3年連続全試合出場を果たし、チームを牽引したのが、ムードメーカーの松田宣浩内野手だ。「熱男」は打率.264、24本塁打、71打点の成績を残し、5年連続6度目のゴールデングラブ賞を受賞。開幕前のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)からスタートした長いシーズンで、存在感を見せた。

 阪神の糸井嘉男外野手、チームメートの柳田悠岐外野手らと行っている毎年恒例のグアム自主トレも終え、キャンプインへ着々と準備を進めている男は、チームの2連覇とともに今季の個人目標は「全試合出場」と「6年連続ゴールデングラブ賞」に設定。独占インタビューに応じ、守備にこだわるシーズンにすると誓った。

 昨年は開幕直後こそ楽天に走られたものの、徐々に自力を発揮して逆転すると、最後は独走状態で2年ぶりのリーグ制覇。そのまま日本一へと駆け上がった。圧倒的な強さを見せつけたシーズン。ただ、松田は「強かったけど、チームの中にいる選手はそんなに勝ったイメージはないです。でも、チームワークが良かったというか、バッターとピッチャーのバランスが良かったなという感じでした」と振り返る。試合内容は接戦が多く「だからこそ、あまりぶっちぎって優勝したというイメージは少ない」という。

 昨年の楽天を「強いと思いました。このまま行かれると思いました。すごくバランスが良かったです。力がありましたよ、本当に」と称えた松田。それでも、諦めずに追い続け、最後は突き放すことができた要因は何だったのか。原動力となったのは日本ハムに大逆転での優勝を許した2016年シーズンの悔しい経験だ。

「今思うと、あの悔しさがあるからこそ2017年は優勝できたので、すごい大事な年になったかなと思います。逆にあそこで優勝できていたら、3連覇できていたかもしれないですけど、そうなると、また違った方向に進んだと思います。そういった意味では現実にあれだけ開いたのをまくられて、負けたという悔しさを持ち続けたのは大きかったと思いますよね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」