野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 内野手で花咲かず、救援転向で史上2位601セーブ 殿堂入りホフマンの功績

内野手で花咲かず、救援転向で史上2位601セーブ 殿堂入りホフマンの功績

2018年度の全米野球記者協会の投票で米国野球殿堂に選出されたトレバー・ホフマン氏はカリフォルニア州出身の右腕投手。候補になって3年目の今年、79.9%の得票率(75%以上が当選)で選出された。

米国野球殿堂に選出されたトレバー・ホフマン氏【写真:Getty Images】
米国野球殿堂に選出されたトレバー・ホフマン氏【写真:Getty Images】

候補3年目で殿堂入り、リベラに次ぐセーブ数誇る伝説のクローザー

 2018年度の全米野球記者協会の投票で米国野球殿堂に選出されたトレバー・ホフマン氏はカリフォルニア州出身の右腕投手。候補になって3年目の今年、79.9%の得票率(75%以上が当選)で選出された。

【PR】今なら「DAZN」無料視聴可能! MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 1967年10月生まれ。1989年、アリゾナ大からドラフト11巡目(全体290位)でシンシナティ・レッズに入団。今年同時に殿堂入りしたジム・トーミもこの年のドラフトでプロ入りしている。

 ホフマンは大学時代は内野手。NCAAで打率.321をマークした好打者だったが、マイナーでは通算打率.225と振るわず、1991年に投手に転向。当初から救援投手。92年11試合だけ先発にまわったが、あとはずっと救援投手としてマウンドに上がる。

 この年のオフにMLBのエキスパンション(球団拡張)に伴う拡張ドラフトでマイアミ・マーリンズに指名され移籍。

 マーリンズではレッズマイナーでの成績が評価され、1993年4月6日のドジャース戦でメジャーデビュー。9回2死に登板し、エリック・デービスを三振に切って取る。2-4の負け試合だったが、幸先の良いスタートとなった。

 しかし、ホフマンの身分は目まぐるしく変化する。6月にトレードでパドレスに移籍したのだ。

 すると、以後、ホフマンはサンディエゴ・パドレスの絶対的な守護神になっていく。94年に20セーブ、95年から8年連続で30セーブ。これはMLB史上初だった。

 98年には53セーブでセーブ王。救援投手ながら、サイ・ヤング賞投票でトム・グラビンに次ぐ2位になる。2003年に肩の手術をして0セーブに終わるが、翌年から4年連続40セーブ、6年連続30セーブを記録した。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬