野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • アリエッタではなく「ダルビッシュを選ぶ」―地元記者はカブスに獲得“進言”

アリエッタではなく「ダルビッシュを選ぶ」―地元記者はカブスに獲得“進言”

ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の争奪戦が最終局面を迎えている。米スポーツサイト「ブリーチャーレポート」が「大胆予測」として「ヤンキースと5年契約」というシナリオを掲げるなど、依然として情報は錯綜しているが、一貫して「本命」の1つと見られているのが、2016年の世界一球団カブスだ。地元紙「シカゴ・サンタイムズ」は、カブスからFAとなったジェイク・アリエッタ投手との再契約、そしてダルビッシュ獲得という2つの選択肢を比較した上で、ダルビッシュ獲得を進言している。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

他メディアは「ヤンキースと契約」の「大胆予測」も…本命はやはりカブス?

 ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の争奪戦が最終局面を迎えている。米スポーツサイト「ブリーチャーレポート」が「大胆予測」として「ヤンキースと5年契約」というシナリオを掲げるなど、依然として情報は錯綜しているが、一貫して「本命」の1つと見られているのが、2016年の世界一球団カブスだ。地元紙「シカゴ・サンタイムズ」は、カブスからFAとなったジェイク・アリエッタ投手との再契約、そしてダルビッシュ獲得という2つの選択肢を比較した上で、ダルビッシュ獲得を進言している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 比較対象となっているアリエッタは、今オフのFA市場でダルビッシュと並んで先発投手としての最高評価を受ける右腕。カブス移籍3年目の2015年には、22勝6敗、防御率1.77の圧倒的な成績でサイ・ヤング賞を受賞。さらに、翌16年も18勝8敗、防御率3.10で世界一に貢献したが、成績は徐々に下降線を辿っている。

 記事では「シカゴはジェイク・アリエッタのことを知っている。我々は彼の長所や短所を理解している」と指摘。一方で、「シカゴはユウ・ダルビッシュのことをよく知らない。我々は彼のことを知っているし、昨シーズンのワールドシリーズでの彼の不振を目の当たりにした。しかし、我々がアリエッタを知っているように、彼のことを知っているわけではない」とも言及。その上で「カブス、そしてカブスファンの場合はどうだろうか。 見慣れた、もしくは見慣れない選手のどちらを選ぶのだろうか?」と投げかけている。

 そして、執筆者のリッキー・モリセイ記者は「私は見慣れない選手、ダルビッシュを選ぶ」と断言。その理由についても記している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」