野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ遊撃争いに名乗り ドラ2ルーキーが初アーチで早くも真価発揮

ロッテのドラフト2位ルーキーで、即戦力の呼び声高い藤岡裕大内野手が今季初のシート打撃で早くも真価を発揮した。

ロッテのドラフト2位ルーキー・藤岡裕大【写真:細野能功】
ロッテのドラフト2位ルーキー・藤岡裕大【写真:細野能功】

ドラフト2位ルーキー藤岡が唯一のアーチ、正遊撃手へ猛アピール

 ロッテのドラフト2位ルーキーで、即戦力の呼び声高い藤岡裕大内野手が今季初のシート打撃で早くも真価を発揮した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 石垣島キャンプ2日目、午後から行われたシート打撃で酒居のストレートを完璧に捉え、右翼席にこの日唯一のアーチをかけた。全員が1-1のカウントからスタートしたが、初球のストライクを見送り、2ストライクと追い込まれた2球目をジャストミートした。

「風もいい具合だったが、初めてのシート打撃で、しっかり振り抜けた。行ったとは思ったが、それよりどこまで走ればいいかと。社会人なら一塁で終わり。結局ゆっくり一周しました」と初々しかった。

 昨年のセパ新人王の京田(中日)、源田(西武)と並ぶ素質で、強肩の守備力と長打には定評があった。「打撃は水ものですが、守備は100パー(セント)を目指せる。できることからしっかりやっていく」と話す24歳は守備のエキスパートで、ソフトバンクから移籍した鳥越ヘッド兼内野守備走塁コーチから貪欲に技術を吸収している。目下は「上と下のバランスが悪く、送球が上にいったり下にいったり。(送球の)基本をしっかりやっていきたい」と課題を挙げた。

 遊撃の定位置は昨年レギュラーを手にしかけながら、ケガでシーズン終盤を棒に振った三木に3年目の平沢と厳しい争いが待っている。その平沢がシート打撃で有吉から右中間へ長打を放った。しかし次打者だった藤岡が直後に本塁打。「(平沢は)ここで(レギュラーを)獲れなければ、何年も獲れない。必死でしょう。いい刺激になっている」と井口監督。実戦から生まれるチーム内の激しい競争が戦力の底上げにつながると確信している。

「めちゃ(身体に)きてます。ケガだけはしないことが目標」(藤岡)と初体験のプロの練習の厳しさを実感しているが、「これが仕事、これで食べていかなきゃならない。苦しいことを乗り越えていかなきゃ」と社会人ルーキーは決意を新たにしていた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」