野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武キャンプ名物「地獄の捕手強化練習」 さすがの下半身と“笑い”に注目

埼玉西武キャンプの全体練習終了後は、全国の捕手ファンお待ちかねの時間だ。

西武・炭谷銀仁朗【写真:編集部】
西武・炭谷銀仁朗【写真:編集部】

内野ノック→バント処理→ブロッキング→地獄の股割りに…

 埼玉西武キャンプの全体練習終了後は、全国の捕手ファンお待ちかねの時間だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2月3日午後2時半ごろ、炭谷銀仁朗捕手と岡田雅利捕手の「個別強化練習」が開始した。埼玉西武キャンプではお馴染みの、過酷を極める捕手強化練習である。

 まずは秋元バッテリーコーチの内野ノックから。2人は大きな声を出しながらゴロをさばき、足腰をいじめ抜く。彼らの立派な下半身はこうして作られていくのだ。弊害としては、ウエストが合っていても腿からが苦しいため、ボトムのサイズに難儀するらしい。

 続いてバント処理練習。基本的で単調な動きを入念に確かめる。岡田は、炭谷に対して数多く向けられるカメラのシャッター音が、自分に対しては聞こえないことに抗議の声を上げていた。

 次にブロッキング練習。これは手前でバウンドした球を、「身体で止めて前に落とす」動きを繰り返す。このように捕手が身を挺しているおかげで、投手は思い切ってえげつない変化球を投げられるのだ。女房役とはよく言ったものである。

 防具を外した後は、地獄の股割り。秋元コーチが一定のテンポで投げる球を、屈んだ状態で前後左右に体重を移動させたり、交互に足を出したり、スクワットしたりしながら受け取る。炭谷は終始涼しい顔でこなした。そのたくましい太ももは必見である。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」