果たして松坂は先発ローテに入れるか 注目度アップの中日の先発事情は

ローテの軸になるのは又吉、大野雄、新助っ人のジー

 昨季5位に終わり、5年連続Bクラスに沈んでいる中日。まだキャンプも始まったばかりで、気が早すぎるが、2018年の先発投手候補を見てみると、絶対的な柱となる投手というと少ないものの、その候補となる投手は実は数多い。

 今季の先発ローテの軸になるのは、スターターに専念となる又吉克樹、左腕の大野雄大、そしてメジャー通算51勝の実績を誇る新助っ人のディロン・ジーの3枚だろう。又吉は昨季、リリーフと先発と役割が二転三転したが、先発すれば2桁勝利を挙げておかしくない投手。13年から3年連続2桁勝利を挙げていた大野雄は、ここ2年7勝止まり。この左腕の活躍は中日の浮上には不可欠であろう。

 そして、ジー。メッツ時代に2度の2桁勝利を経験し、メジャーで開幕投手を務めたほどの実績の持ち主。外国人投手はシーズンが始まってみないと分からないところもあるが、ジーの活躍は必須。この3人には、森繁和監督が地元テレビ局の番組内で2桁10勝の星勘定を行っており、ローテの柱となるだろう。

 これに続く有力候補となるのは、こちらも新助っ人の左腕オネルキ・ガルシア、そして昨季5勝を挙げて3年目を迎える小笠原慎之介、昨季途中から頭角を現し始めた左腕の笠原祥太郎、こちらも昨季5勝を挙げて高卒5年目となる鈴木翔太の名前が上がる。この面々が4枠目以降に入ってくるのではなかろうか。

松坂は先発6番手、7番手を争う立場か

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY