野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 記録的“氷河期”のメジャーFA市場、開幕時年俸総額は9年ぶりに減少と米報道

記録的“氷河期”のメジャーFA市場、開幕時年俸総額は9年ぶりに減少と米報道

メジャーFA市場は史上例を見ない“氷河期”を迎えている。その影響は顕著で、今季開幕時における30球団の年俸総額は、2009年開幕時以来初めて前年より減少する見込みだという。米「ヤフースポーツ」が特集記事で伝えている。

FA市場の目玉、ダルビッシュもいまだ去就決まらず【写真:Getty Images】
FA市場の目玉、ダルビッシュもいまだ去就決まらず【写真:Getty Images】

昨年まで上昇曲線が今季は前年比7%ダウンの見込み

 メジャーFA市場は史上例を見ない“氷河期”を迎えている。その影響は顕著で、今季開幕時における30球団の年俸総額は、2009年開幕時以来初めて前年より減少する見込みだという。米「ヤフースポーツ」が特集記事で伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今オフは各球団が再建モードもしくは財政緊縮モードに突入。FA選手との契約に積極的に資金を投入しようとしないため、2月を迎えてもなおダルビッシュ有投手(ドジャースFA)やエリック・ホズマー内野手(ロイヤルズFA)ら注目選手を筆頭に100人以上のFA選手が未契約のままだ。記事では、「史上例を見ない」という枕詞が単なる誇張ではなく事実であることをデータで証明している。

 それによれば、2月1日現在、30球団の開幕時年俸総額は37億8000万ドル(約4159億円)に達する予定だが、これは40億ドル(約4401億円)を超えた昨年に比べると7%も減少している。実はメジャー30球団の年俸総額は、2010年以来年平均5.5%の上昇曲線を描いていたが、今回は前年より1.3%減少した2009年以来の9年ぶりの減少となるようだ。記事では、ダルビッシュやホズマーら注目選手が契約すれば、今季の年俸総額は「40億ドルに近づくと見られる」としてはいるが、これまでのような上昇曲線は描かず、よくても横ばい、さもなければ減少になると見ている。

 1日現在、16球団が昨年開幕時よりも年俸総額が減少する見込みで、その筆頭はタイガースの7720万ドル(約84億9400万円)減。これにフィリーズの4820万ドル(約53億300万円)、レンジャーズの4330万ドル(約47億6400万円)、オリオールズの4310万ドル(約47億2300万円)、ドジャースの4010万ドル(約44億1200万円)と続く。さらに、ロイヤルズ、ヤンキース、マーリンズ、ホワイトソックスが、前年に比べて3000万ドル(約33億100万円)以上の支出を“緊縮”したという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」