野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 「野球選手」馬場正平の記憶 宮崎キャンプ1年目に姿現した「巨人軍の巨人」

「野球選手」馬場正平の記憶 宮崎キャンプ1年目に姿現した「巨人軍の巨人」

1955年、読売ジャイアンツは宮崎県串間市で春季キャンプを張った。それまで巨人は海外遠征のほかは、兵庫県や静岡県、愛媛県でキャンプを実施していた。九州・宮崎でのキャンプはこの年が初めてだった。

新人選手として異例のインタビューも「走ることは苦手です」

 前年11月の入団時の身体測定は公開で行われ、その模様がスポーツ新聞に大きく掲載されたので、馬場正平の名は知れ渡っていたが、大部分の巨人選手にとって、馬場と会うのはこの時が初めてだった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人ナインはその大きさに度肝を抜かれた。背が高いだけでなく横幅もあった。馬場は他の選手とともに練習をしたが、その巨大な体躯はどこへ行っても目を引いた。

「今日の練習でグラウンドを5周しただろう、3周目から後ろの方で、汽車がダッシュするような、グウッグウッとへんな声がしたろう。あれは馬場のこきゅうなんだってさ、一番後ろにいるのが、一番先頭の者の耳にまで聞こえるなんてのははじめてだぜ」

 先輩選手の山崎弘美は語っている。

 馬場は、新人選手としては異例なことに、野球雑誌のインタビューを受けている。

――プロ野球に入ってから一番驚いたことは?

馬場「とにかく毎日ランニングをさせられることですね。走ることは苦手です」

――尊敬している選手は?

馬場「巨人軍では千葉(茂)さんと松田(清投手)さん」

――ではあこがれの大選手は?

馬場「杉下(茂)さん、別所(毅彦)さん」

――巨人なるが故にいままで起こしたできごとで、一番困ったことは?

馬場「そうですね、高校時代、バスケットのゲーム中、相手選手の足をふんだら、その選手の足がつぶれて、一週間以上医者に通わなければならなくなったことです」

 しかし、本格的に野球を始めてわずか半年でプロ入りした馬場は、プロの練習にはついていけず、コーチが野球の基本を一から教えなければならなかった。早々に2軍落ちが決まり、巨人の主力が南米遠征(8勝18敗だった)から帰ってきたときには、馬場は多摩川の2軍寮に戻っていた。

 馬場正平が1軍の試合で投げるのは2年後の1957年8月。プロ野球をあきらめて力道山に入門し、プロレスラーへの道を歩むのは5年後の1960年4月のことである。

 身長は巨人に入団後も伸び続け、2メートルに達していた。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」