野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

18歳が大卒&社会人ルーキー圧倒 ホークスドラ3外野手の際立つ“キャラ力”

5日に巨人のルーキーとともに宮崎新人体験に参加したソフトバンクのルーキーたち。その中で一番目立っていたのが鷹のドラフト3位・増田珠内野手だ。

カツオを手に持つソフトバンク・増田珠【写真:藤浦一都】
カツオを手に持つソフトバンク・増田珠【写真:藤浦一都】

ホークス増田、新人体験で「カツオ~!」が大ウケ

 5日に巨人のルーキーとともに宮崎新人体験に参加したソフトバンクのルーキーたち。その中で一番目立っていたのが鷹のドラフト3位・増田珠内野手だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 18歳のルーキーはこの日、カツオの“焼っ切り”体験とあって松田宣浩の「熱男」コールをもじった「カツオ~!」を連発。大学・社会人出身ばかりの巨人のルーキーたちを圧倒していた。

 昨年秋の入団会見時から増田の明るいキャラは際立っていた。松田に憧れ、松田の代名詞でもある「熱男」コールを引き継ぎ、1軍の試合で自らの名前をもじった「マスオ」コールをやることを目標としている。

「魚の方が好きなので」と、カツオの“焼っ切り”を見事な包丁さばきで切り分け次々とぱくついた後、「今日は最初マグロだと思っていたんですよ。カツオだと聞いて『もらった!』と思いましたね」と、「カツオ~!」コール誕生秘話を明かした増田。

 キャンプでは「松田さんに会うたびにやらされています」と、憧れの“本家”に何度となく「マスオ」コールを強要されているという。先日も松田に急にスマホを取り上げられ「動画録ったるから『マスオ』やれ」と言われたという。この日の「カツオ~!」コールも、そんな反復練習のおかげで生まれたようだ。

 日頃からカツオを取り扱う市場の関係者にもすっかり気に入ってもらい、増田は「盛り上がってよかったです」と特上の笑顔を見せていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」