野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ここは九州? キャンプ地・日南の街を真っ赤に染める地元市民のカープ愛

広島東洋カープは、1963年から宮崎県日南市で春季キャンプを行っている。キャンプ地の天福球場は、JR日南線油津駅から歩いて10分の至便の立地。この球場ができた翌年からキャンプを行っているから、まさに「カープのための球場」だ。

カープのキャンプ地である日南市に作られた「カープ一本道」【写真:広尾晃】
カープのキャンプ地である日南市に作られた「カープ一本道」【写真:広尾晃】

ついにここまで…今年から最寄りの油津駅が真っ赤に

 広島東洋カープは、1963年から宮崎県日南市で春季キャンプを行っている。キャンプ地の天福球場は、JR日南線油津駅から歩いて10分の至便の立地。この球場ができた翌年からキャンプを行っているから、まさに「カープのための球場」だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日南市、特に油津地域の人々の広島カープへの熱狂ぶりは、これまでもたびたび報道されているが、今年、JR油津駅が真っ赤に変身した。昨年の段階でも、地域の歓迎ぶりは十分に伝わるレベルだったが、今年はついにここまでやった。

 駅舎は2017年12月、住民有志による「カープ油津駅」プロジェクトによって手塗りされ、キャンプ開始と同時にお披露目された。今年は、カープキャンプ地へ行く前に、この駅舎をバックに撮影するファンが急増。駅の前に止まっているタクシーの運転手が、カメラマンを務めることもしばしばだ。

 油津駅は、自動販売機まで真っ赤に塗られている。駅の職員も、もちろん赤いユニフォーム。ここまで徹底していると、見事というほかはない。

 駅前の喫茶店は、カツカレーなどが売り物だが、マスターもママさんもカープのユニフォーム姿。マイカーももちろん赤。店には現コーチの廣瀬純などカープの選手も訪れる。

「一昨年、おばちゃん、引退するんだ、と廣瀬さんに言われたときは悲しかったよ」とママさんは語る。キャンプ取材に来たカープ大好き芸人も、しばしば取材するほどの有名店だ。半世紀を超える付き合いで、こういうディープなファンもできている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」