野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

牧田が始動、「サブマリン」に驚きの声続々 指揮官「エキサイティング」連発

西武からポスティングシステム(入札制度)でパドレスに移籍した牧田和久投手が15日(日本時間14日)、アリゾナ州ピオリアでキャンプインした。初日から「サブマリン」の独特な軌道で同僚を驚かせた右腕について、現役時代に日本ハムでのプレー経験もあるアンディ・グリーン監督も「滅多にお目にかかれない」と絶賛。

キャンプ前の会見で背番号を発表したパドレス・牧田和久【写真:盆子原浩二】
キャンプ前の会見で背番号を発表したパドレス・牧田和久【写真:盆子原浩二】

パドレスの一員としてキャンプイン、グリーン監督は「かけがえのない戦力」

 西武からポスティングシステム(入札制度)でパドレスに移籍した牧田和久投手が15日(日本時間14日)、アリゾナ州ピオリアでキャンプインした。初日から「サブマリン」の独特な軌道で同僚を驚かせた右腕について、現役時代に日本ハムでのプレー経験もあるアンディ・グリーン監督も「滅多にお目にかかれない」と絶賛。また、パドレス番の地元記者も「こんなのは見たことない」と話し、活躍を期待した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日米で「絶滅危惧種」とも言われるアンダースロー。特にメジャーでは貴重な存在だけに、期待は大きい。2007年に日本ハムでプレーしたグリーン監督は「日本にいた時は、いつも(アンダースローの投手は)アメリカで成功するだろうなあと思っていた」と明かす。その上で「マキタは、アメリカでは滅多にお目にかかれないタイプのピッチャーだし、フォアボールを出さないこと、つまりストライクゾーンを攻めていけることが強みだと思う」と制球力を称えた。

 ブルペンに牧田がいることで、指揮官の采配の幅は広がる。「オーバースローのピッチャーが多い中、リリースポイントが珍しいことは強みになる。監督としても、バッターのデータを見て戦略を練っていくときに、様々なオプションをリリーフで持っているのは、これまた強みだよね。他にもいいピッチャーがいるし、選択肢が多いことは幸せなことだよ」。強い個性を持った牧田の存在は心強いようだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」