野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス福良監督、“サバイバル紅白戦”予告「ふるいにかけていく」

オリックスの福良淳一監督が16日、“サバイバル紅白戦”を予告した。

オリックス・福良監督【写真:編集部】
オリックス・福良監督【写真:編集部】

ロメロ、マレーロが紅白戦に出場

 オリックスの福良淳一監督が16日、“サバイバル紅白戦”を予告した。17日に行われる紅白戦にはロメロ、マレーロの助っ人コンビが1打席限定で出場することを明かし、「これからは若手のチャンスも少なくなってくる。ふるいにかけていくことになる」と話した。開幕1軍をかけた真剣勝負が本格的にスタートする。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 15日には1、2軍の入れ替えを懸けた“ガチンコ紅白戦”を行ったばかり。白組(1軍)が意地を見せ、3-2で紅組(2軍)に勝利したが、1軍メンバーもうかうかしていられない。ここまで中島、小谷野、ロメロ、マレーロらの主力は実戦に参加していなかったが、まずは順調な調整をみせている助っ人コンビが志願の出場となる。

 これまでは若手選手に多くのチャンスを与えてきたが「(中島、小谷野、マレーロ、ロメロ)4人には事前にいつ試合に出るかは聞いているから。外国人の2人は早く打席に立ちたいみたいだからね」と指揮官。

 サバイバル紅白戦には西、ディクソン、山岡の開幕投手候補も登板予定となっている。福良監督はエース・金子を含め「この中から(開幕投手が)出てくるでしょうね。シート打撃じゃなくて、真剣勝負の打者相手にどういう投球を見せるか」と期待を込めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」