野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平フリー打撃に初登板 捕手は修正能力に驚愕「素晴らしいスライダー」

大谷翔平フリー打撃に初登板 捕手は修正能力に驚愕「素晴らしいスライダー」

エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、今キャンプ初のフリー打撃登板をした。マイナー選手を相手に2イニングを想定して合計30球。安打性の当たりはなく上々の仕上がりを見せた。

エンゼルス・大谷翔平がフリー打撃に初登板【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平がフリー打撃に初登板【写真:西山和明】

大谷が投手陣で単独のフリー打撃登板、日本での調整メニュー考慮

 エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、今キャンプ初のフリー打撃登板をした。マイナー選手を相手に2イニングを想定して合計30球。安打性の当たりはなく上々の仕上がりを見せた。 

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は投手陣の中でただ1人、いち早く打撃投手として登板した。エプラーGM、ナギー投手コーチらが見守る中、日本時代の調整ペースを考慮した特別スケジュールでマウンドに上がった。立ち上がりはカーブが捕手の構えた位置から大きく外れることもあったが、徐々に制球が上がり、バッテリーを組んだ正捕手マルドナドは「前回のブルペンより数段良かった。速球がよりスムーズだったし、スライダーは非常によかった。尻上がりによくなっていった」と評価した。 

 打者を立たせ、より実戦形式に近い形で行った投球練習に、「実戦よりは落ちますけど、もちろんブルペンよりはバッターがいてどういう風に投げていこうという確認はできる。すごいいい練習ができたんじゃないかと思います」と大きく頷く。「いいボール悪いボールがあった」と手応えも課題も掴んだ練習を終え、「確認できたのはすごくよかった」と話した。 

 この日投げた30球のうち、ボールは14球、ファウル6球、空振り1球、左飛2球、ストライク7球。ストレートが19球、スライダー5球、カーブ4球、フォーク2球という内訳だった。 

 捕手のマルドナドを驚かせたのは、高い修正能力だ。スライダーが低めに外れた直後、もう一度スライダーを要求すると「素晴らしいスライダーを投げてきた」と感心した。 

 練習終了後には、ディアブロスタジアムで親善試合を行っていた元エンゼルスで背番号「17」の大先輩ダリン・アースタッド氏(現ネブラスカ大監督)と元守護神トロイ・パーシバル氏(現カリフォルニア大リバーサイド校監督)と挨拶を交わし、激励を受けたという。 

 エンゼルスOBたちも注目する“二刀流”挑戦の実現に向け、着実に調整を続けていく。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」