野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ひそかに寄せる期待の表れ? 「監督と同じ」背番号の選手たち

ひそかに寄せる期待の表れ? 「監督と同じ」背番号の選手たち

プロ野球選手の背番号は、ある一人の選手を象徴する特別なものになる場合がある。また、ダルビッシュ有投手(現カブス)の「11」を、後輩の大谷翔平投手(現エンゼルス)が継承したように、その背番号を誰が引き継ぐかという話は、しばしば取り沙汰される。

ソフトバンク・高橋純平とオリックス・中島宏之【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・高橋純平とオリックス・中島宏之【写真:荒川祐史】

監督が現役時代に背負った番号を現在つけている選手は

 プロ野球選手の背番号は、ある一人の選手を象徴する特別なものになる場合がある。また、ダルビッシュ有投手(現カブス)の「11」を、後輩の大谷翔平投手(現エンゼルス)が継承したように、その背番号を誰が引き継ぐかという話は、しばしば取り沙汰される。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ただし今回は、「先輩」ではなく「監督」の背番号に焦点を当てたい。パ・リーグ各球団の監督の現役時代の背番号を、チームの誰が着用しているのかを見ていく。

【北海道日本ハム・栗山英樹監督の「46」】
〇田中瑛斗投手(新入団)

 栗山監督がヤクルト時代につけていた「46」は、昨季まで瀬川隼郎氏が着用しており、今季からはルーキー・田中瑛が背負う。柳ヶ浦高校からドラフト3位で入団した田中瑛は、150キロに迫る速球と多彩な変化球が持ち味の右腕。184センチ、70キロのすらりとした体格と、端正なマスクでも話題をさらった。まずはファームでじっくり鍛えることになるだろうが、1軍の舞台での活躍を、監督も心待ちにしていることだろう。

【楽天・梨田昌孝監督の「8」】
〇今江年晶内野手(51試合32安打1本塁打10打点 打率.250)

 千葉ロッテ時代からなじみの深い「8」を、FAで楽天に移籍してからも身につけている今江。昨季は開幕直後の好調ぶりを維持することができず、故障もあって51試合の出場にとどまった。

【埼玉西武・辻発彦監督の「5」】
〇外崎修汰内野手(135試合113安打10本塁打48打点 打率.258)

 昨季、俊足とパンチ力を武器にレギュラーの座を手にし、侍ジャパンにも招集されるなど、大きな飛躍を遂げた外崎。鬼崎裕司内野手の現役引退に伴い、背番号「5」を着用することに。今季はますますの活躍が期待される。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」