野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

高谷&栗原、1日で捕手2人が離脱したホークス 工藤監督「痛くて痛くて…」

2年連続の日本一を目指すソフトバンク。現在、宮崎・生目の杜運動公園で春季キャンプを行っている王者だが、第5クールに入って想定外の事態に襲われた。

ソフトバンクは高谷裕亮(左)、栗原陵矢と2人の捕手が相次いで離脱【写真:荒川祐史】
ソフトバンクは高谷裕亮(左)、栗原陵矢と2人の捕手が相次いで離脱【写真:荒川祐史】

高谷は右肘関節炎、栗原は左肩関節前方脱臼で残る支配下捕手は4人だけの緊急事態

 2年連続の日本一を目指すソフトバンク。現在、宮崎・生目の杜運動公園で春季キャンプを行っている王者だが、第5クールに入って想定外の事態に襲われた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 高谷裕亮、栗原陵矢と2人の捕手が相次いで離脱。しかも、1日のうちに、だ。

 高谷はキャンプ序盤から抱えていた右肘痛が悪化し、第4クール終了後に一時チームを離脱。キャンプ休日だった19日に福岡市内の病院でMRI・CT検査を受け、右肘関節炎と診断された。20日にキャンプ地に戻ったものの、今後はリハビリ組で患部の回復を待つことになる。

 工藤公康監督は36歳のベテラン捕手について、表情を曇らせながら、「時間をかけた方がいいということだったので、しょうがない。リハビリ組にいって、保存療法でやると聞いています」と語った。全治期間は明らかにされていない。今後の回復具合にもよるが、シーズン開幕までに復帰出来るかは微妙だろう。

 一方の栗原は、この日B組練習試合のJX-ENEOS戦に出場していた。アクシデントが起きたのは、その試合後。個別メニューの特守でノックを受けた際に左肩を負傷した。そのまま宮崎市内の病院へ直行し、CT検査を受けた結果、左肩関節前方脱臼と診断された。こちらも全治期間は明らかになっていないが、21日からはリハビリ組に合流する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」