野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、上々の初打撃投手 対峙の“新女房役”「彼は尋常じゃない」

カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、今キャンプで初めて打撃投手として登板。打者相手の投球で「チームメートたちを感心させた」とMLB公式サイトが報じている。

カブスの入団会見に臨んだダルビッシュ有【写真:西山和明】
カブスの入団会見に臨んだダルビッシュ有【写真:西山和明】

今キャンプ初の打撃投手で「チームメートたちを感心させた」

 カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、今キャンプで初めて打撃投手として登板。打者相手の投球で「チームメートたちを感心させた」とMLB公式サイトが報じている。

【動画】ダルが投じるファストボールの軌道は「まるでマジシャンのよう」…スライダーは“フリスビー”!? 多彩な球種で圧巻の奪三振

 ダルビッシュは、昨年のナ・リーグ優勝決定シリーズでホームランを打たれたカイル・シュワーバーや、正捕手のウィルソン・コントレラスらと“対戦”。打者はまだキャンプインしたばかりとあって、スイングをしたのはコントレラスだけだったという。

 終了後、地元メディアなどの取材に応じたダルビッシュは「(シュワーバーが)打席に立っているのを見て、去年のNLCS(ナ・リーグ優勝決定シリーズ)を思い出しましたけど、振ってこなかったので、また紅白戦とかで対戦できればと思います」と笑顔。さらに、「スイングしたら多分(柵を)越えちゃうので」と付け加えて、記者を笑わせた。

 ここまでの調整は順調な様子で、「最初から違和感もなく、フレンドリーなチームで、ウェルカムな空気なので、本当にストレスなく過ごしています」と話し、打撃投手での登板については「最初の10球は良かったり悪かったりしましたけど、その後はいい球、自分が思った球を投げられたと思います」と納得の表情で振り返った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」