野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 移籍のイエリッチ、エースの急逝で「全てが変わった」「誰のせいでもない」

移籍のイエリッチ、エースの急逝で「全てが変わった」「誰のせいでもない」

マーリンズからブルワーズに移籍したクリスチャン・イエリッチ外野手が、新天地でスタートを切った。デレク・ジーター氏が新オーナーに就任したマーリンズは、オフに主力を大量放出。ディー・ゴードン内野手、ジャンカルロ・スタントン外野手、マルセル・オズナ外野手と固い絆で結ばれたメンバーが次々と放出されたことを受け、イエリッチも移籍を志願した。

マーリンズで同僚だったホセ・フェルナンデス(左)とクリスチャン・イエリッチ【写真:Getty Images】
マーリンズで同僚だったホセ・フェルナンデス(左)とクリスチャン・イエリッチ【写真:Getty Images】

マーリンズは主力大量放出で波紋、トレードは「起こるべくして起きたこと」

 マーリンズからブルワーズに移籍したクリスチャン・イエリッチ外野手が、新天地でスタートを切った。デレク・ジーター氏が新オーナーに就任したマーリンズは、オフに主力を大量放出。ディー・ゴードン内野手、ジャンカルロ・スタントン外野手、マルセル・オズナ外野手と固い絆で結ばれたメンバーが次々と放出されたことを受け、イエリッチも移籍を志願した。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 若手中心でチーム再建を進めることになったマーリンズ。イエリッチは、球団の分岐点となった出来事について、スーパーエースの急逝を挙げ「起きてしまったことは誰のせいでもない」と話したという。ESPNが報じている。

 スタントン、オズナ、イエリッチの“メジャー最強外野トリオ”をはじめ、才能あふれる若手が多く、躍進も期待されていたマーリンズだが、2003年に世界一に輝いてからはポストシーズンにも進出することができず。ブレークした野手は、新オーナー体制のもとで次々と放出され、再建期へと入ってしまった。記事では、イエリッチが1度もプレーオフ進出を果たせなかったこと、そして勝率5割に達することもできなかったことに失望していたと紹介。「嫌悪感ではなく、一つの大きな後悔と共にマーリンズを去った」と伝えた。

 新オーナーのジーター氏のもとで進められているチーム再建には、批判の声も上がっている。イエリッチは望んでトレードされたが、取材に対して、マーリンズやジーター氏に敵意があるわけではないと明言したという。本人の「(トレードは)起こるべくして起きたことだと思う。一番大事なのは勝つことで、自分たちはそれができなかったんだ」というコメントも紹介している。

 キャンプイン後は右腕のダン・ストレイリーがスタントンとイエリッチの移籍について「彼らがいなくなって嬉しいよ。ここに居たくないなら、彼らにとって良いことだと思う」と発言したことも話題となった。イエリッチは記事の中で、このことについても言及している。

「週に何回か話す本当に素晴らしい友人がまだチーム(マーリンズ)にいるんだ。ボーアやリアルミュート、プラドやロハスとかね。いまだに近い存在なんだ。ダンは違うふうに思っているみたいだけどね。だけど、それが現実というものだから」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」