野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス笠原、紅白戦で2回無失点 内川の二塁打には「また本塁打かと…」

ソフトバンクは22日にキャンプ地のアイビースタジアムで紅白戦を実施。白組の3番手として登板した笠原大芽は2回を無失点に抑えた。

紅白戦に登板したソフトバンク・笠原大芽【写真:藤浦一都】
紅白戦に登板したソフトバンク・笠原大芽【写真:藤浦一都】

「全体としてはよかった」も…江川への四球は反省「余裕かましてしまいました」

 ソフトバンクは22日にキャンプ地のアイビースタジアムで紅白戦を実施。白組の3番手として登板した笠原大芽は2回を無失点に抑えた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 終盤にさしかかったキャンプを「去年より充実している」と語っていた笠原が、その言葉通りに紅白戦で好投を見せた。2イニング、打者8人に対して被安打1、与四球1の無失点。この日、最初の打席でともにヒットを記録していた本多雄一と松田宣浩を簡単に打ち取ったものの、続く内川聖一には「縦スラを2球続けたら打たれました」と、左中間への二塁打を許す。松田と上林誠知に“今季第1号”を献上している笠原は「また本塁打かと思いましたよ」と思わず苦笑い。新助っ人のグラシアルにも鋭い当たりを打たれたが、高田知季の好守もあって最初の1イニングを無失点で乗り切った。

 続く2イニング目、2死から与えた江川智晃への四球について「空振りを取ろうとして余裕かましてしまいました」と反省しながらも「全体としてはよかった」と手応えを感じる実戦登板となったようだ。

 ライバルの笠谷俊介だけでなく、育成枠にも猛アピールを続ける左腕投手がひしめいている。笠原には今後もさらなる結果が求められることになるだろう。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」