野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3冠王&2年連続4割超の歴史的偉業 王柏融を直撃、145キロ「また投げるかも」

2016年、17年シーズンに2年連続4割を放ち、昨シーズンは3冠王にも輝いた台湾の王柏融外野手。台湾では実働3シーズンで海外移籍が可能となるため、オフの動向に注目が集まっている。日本球界入りの可能性もある24歳の大砲に、これまでの自身の成績や今シーズンの目標などを聞いた。

偉業打ち立てた24歳、「自分でも本当に不思議」

 指揮官への感謝を口にする王は、17年も115試合の出場で打率.407と、リーグ初となる2年連続4割超えをマーク。さらに、178安打、31本塁打、101打点を挙げ、24歳で3冠王に輝いた。

 この結果には自身も驚いているという。

「入団当初は、ここまでになるとは考えてもいませんでした。スタメンで出場できるように必死でプレーしていた結果です。自分でも本当に不思議に思います」

 17年に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、ラミゴモンキーズが大会への不参加を表明したため、大会前に行われた侍ジャパン壮行試合にCPBL(台湾プロ野球リーグ)代表として出場。則本昂大投手(楽天)からバックスクリーンに特大の本塁打を放ち、日本のファンにも鮮烈な印象を残した。

 しかし、本人は本塁打へのこだわりはそこまで大きくないという。一方で、打席で大切にしていることがあると明かす。

「もともと自分は頻繁にホームランを打つ選手ではなく、ミート率が高い中距離から長距離打者だと思っています。ホームランを狙いにいくというよりは、ボールを強く遠くに飛ばしたいと思って打席に入っています。それと、打席では『間』を大切にしていますね。打者と投手の『間』は、自分が特に気を付けている点です」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」