野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

故・星野仙一氏が見つけた楽天2次キャンプ地・金武町

東北楽天ゴールデンイーグルスは、創設以来、沖縄県久米島でキャンプを行ってきたが、2012年から沖縄本島の金武町(きんちょう)でも練習を行ってきた。これまでは、金武町での練習はキャンプと呼んでいなかったが、今年から2次キャンプとなった。

今年から楽天の2次キャンプ地となった金武町ベースボールスタジアム【写真:広尾晃】
今年から楽天の2次キャンプ地となった金武町ベースボールスタジアム【写真:広尾晃】

今年から正式に楽天のキャンプ地となった沖縄・金武町

 東北楽天ゴールデンイーグルスは、創設以来、沖縄県久米島でキャンプを行ってきたが、2012年から沖縄本島の金武町(きんちょう)でも練習を行ってきた。これまでは、金武町での練習はキャンプと呼んでいなかったが、今年から2次キャンプとなった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 金武町は沖縄県中央部の東海岸に面している、現在のNPBの沖縄本島キャンプの多くは、西海岸に面しているが、阪神の宜野座村のキャンプと、楽天の金武町2次キャンプだけが東海岸に面している。宜野座村と金武町は隣接した自治体だ。

 那覇市からは直通の路線バスが出ているが、2時間以上かかる。レンタカーを利用するのが良いだろう。

 金武町ベースボールスタジアムは2012年に完成したが、今年1月に死去した星野仙一氏が、楽天監督時代、球場完成前から使用を申し入れていたという経緯がある。スタジアムの玄関には、星野氏の「77」の背番号のユニフォームが飾られている。

 メイングランドの金武町ベースボールスタジアムは両翼100メートル、中堅122メートル。右翼側にサブグランドとブルペンが設けられている。楽天だけでなくKBO(韓国プロ野球)の起亜タイガースも春季キャンプで使用していた。

 2次キャンプには、1軍メンバーが選出されている。有名選手が集まっているが、ファンとの距離も極めて近い。サインにも気さくに応じてくれる。本拠地の宮城県からは遠いが、楽天ファンには行くだけの価値があるのではないか。則本昂大、松井裕樹などの主力選手は、キャンプ地内を自転車で移動している。ファンの前をスター選手が軽やかに通り過ぎていく。これはキャンプ地でないと絶対に見ることができない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」