野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左肩違和感のホークス和田、本格的な投球練習再開「肩、肘は何ともない」

ソフトバンクの和田毅投手が、宮崎キャンプ第6クール初日の24日、キャッチャーを座らせた本格的な投球練習を再開させた。

ソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】

「予定はなかったけど」最後は捕手を座らせて15球

 ソフトバンクの和田毅投手が、宮崎キャンプ第6クール初日の24日、キャッチャーを座らせた本格的な投球練習を再開させた。

【PR】セ・パ交流戦を観るなら「DAZN」 ”初月無料キャンペーン”実施中、登録はこちらから

 左肩の違和感で一時、ノースローで調整を行なっていた左腕は22日に、15日ぶりにブルペン入りし、立ち投げで約30球を投げた。この日はキャッチボールを終えてブルペンに向かうと、立ち投げ、捕手を中腰にさせての投球と段階を踏み、最後は捕手を座らせて15球を投げ込んだ。

「座らせる予定はなかったけど、どうなのかなと思って投げてみました」と当初は予定に無かったピッチングだったが、「肩、肘は何ともない。10球で終わろうと思っていたけど、全然(いいボールが)いかなかった。ようやく投げられるようになった」とホッとした表情。「焦らずに投げて、作っていければいいかなと思っています」と、慎重に調整を進めていく考えを示していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬