野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ18年目、オリ“2番手捕手”が攻守で存在感発揮「このチームで優勝したい」

わずか1試合、攻守で結果を残しベテラン健在をアピールした。オリックスの山崎勝己捕手が26日の紅白戦に「10番・捕手」で先発出場し2打数1安打、守備では3度の盗塁を阻止する大活躍だった。

オリックス・山崎勝己【写真提供:オリックス・バファローズ】
オリックス・山崎勝己【写真提供:オリックス・バファローズ】

盗塁を3度阻止、打っては2打数1安打

 わずか1試合、攻守で結果を残しベテラン健在をアピールした。オリックスの山崎勝己捕手が26日の紅白戦に「10番・捕手」で先発出場し2打数1安打、守備では3度の盗塁を阻止する大活躍だった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キャンプ最終日のこの日、実戦出場のため1軍に招集された山崎勝。まずは守備で見せた。初回1死一塁。一走・安達が二盗を試みたがドンピシャの送球で阻止。4回無死一塁では再び安達を、さらに山足と2連続で二盗を防ぐ。打撃では3回2死一塁の第1打席で追い込まれながらも、しぶとく左前打を放ち攻守で存在感を発揮した。

 1軍の本球場で伊藤、若月らが激しい正捕手争いを見せる中、プロ18年目のベテランは隣接する2軍球場でじっくりと調整を続けていた。若手に交じり打撃練習、走塁練習に加わり、アドバイスを求められると自らの経験を包み隠さず伝えた。

「監督たちも伊藤、若月、伏見たちを見たいと思う。僕が求められるのはゲームを作ること。上(1軍)でアクシデントがあった時にすんなり入られるように準備するだけ」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」