野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑樹がまさかの炎上 2回5安打5失点

日本ハムの斎藤佑樹投手が3日のロッテ戦(札幌ドーム)で1点リードの4回から2番手として登板。2イニングを投げ5安打2四死球5失点だった。

日本ハム・斎藤佑樹【画像:(C)PLM】
日本ハム・斎藤佑樹【画像:(C)PLM】

ロッテのルーキー藤岡に2打席連続タイムリーを浴びる

 日本ハムの斎藤佑樹投手が3日のロッテ戦(札幌ドーム)で1点リードの4回から2番手として登板。2イニングを投げ5安打2四死球5失点だった。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 斎藤は先頭の荻野にいきなり四球を与えると、直後に二盗を許し無死二塁のピンチを招く。ここでルーキー・藤岡に右前適時打を浴び同点に追いつかれる。さらに、続く中村に死球を与えるなど1死一、二塁から井上に右前適時打、さらに続く鈴木には右翼線へ適時二塁打を浴び、この回一挙3点を失った。

 その裏に味方打線が4点を奪い逆転に成功して迎えた2イニング目。5回1死から荻野に右前打で出塁を許すと、続くルーキー・藤岡に右翼線へタイムリー三塁打を浴び1点差に。さらに中村には中犠飛を浴び同点に追いつかれた。

 この日まで斎藤は実戦3試合6イニングで無安打無失点の好投を続けていたが、本拠地・札幌ドームのマウンドで5失点とロッテ打線を止めることはできなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」