野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J稲葉監督、地元名古屋で凱旋勝利「いいスタート」 6K千賀は「さすが」

野球日本代表「侍ジャパン」は3日、ナゴヤドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本 vs オーストラリア」の第1戦に2-0で勝利した。投手陣が見せた圧巻の無失点リレーに、稲葉篤紀監督は「投手陣がいい形で打者に回してくれた。それぞれの投手が特徴を出してくれて抑えてくれた」と称えた。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

投手陣が無失点リレー、6回に柳田、筒香のタイムリーで2点先制

 野球日本代表「侍ジャパン」は3日、ナゴヤドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本 vs オーストラリア」の第1戦に2-0で勝利した。投手陣が見せた圧巻の無失点リレーに、稲葉篤紀監督は「投手陣がいい形で打者に回してくれた。それぞれの投手が特徴を出してくれて抑えてくれた」と称えた。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発の千賀(ソフトバンク)が2回無安打無失点、6奪三振の好投を見せるなど今永(DeNA)、東浜(ソフトバンク)、田島(中日)、岩嵜(ソフトバンク)、山崎康(DeNA)が豪州打線を無失点で封じた。試合後、稲葉監督は場内インタビューで先発の千賀について「さすがと言いますか、この時期でしっかり調整してくれた」と話し、脱帽した。

 打線は6回に柳田、筒香の連続タイムリーで2点を先制。中軸の活躍も「勝負強さはさすが」と称賛した。地元・名古屋で凱旋勝利を果たした指揮官は「2020年の東京オリンピックに向けいいスタートが切れました」と語り、集まったファンから大歓声を浴びた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」