野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ石川は4回2失点、開幕へ上々 井口監督も評価「徐々に良くなってる」

ロッテの石川歩投手が、4回65球で2失点ながら、開幕へ向けて順調な仕上がりを見せた。

ロッテ・石川歩【画像:(C)PLM】
ロッテ・石川歩【画像:(C)PLM】

本人も手応え「3、4回の力感でいければ大丈夫」

 ロッテの石川歩投手が、4回65球で2失点ながら、開幕へ向けて順調な仕上がりを見せた。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 13日、ZOZOマリンでのオリックス戦でオープン戦2度目の先発。初回1死三塁で吉田正の二ゴロ、2回は1死二、三塁で伏見の二ゴロで1点ずつ失ったが、3、4回はロメロ、小谷野を三ゴロに仕留めるなど、3人で片付けた。

「1、2回は力んだ。3、4回の力感でいければ大丈夫。(2回までと)投げ方を少し変えた。フォーム的なことで、言っても分からないでしょう」と微妙な修正がうまくいったようだ。6日のオープン戦初登板は3回無失点。この日、ストレートのMAXも150キロで「キャンプからずっとテーマを持ってやっている」と手ごたえを口にした。

 井口監督は「制球が良くなかったが、まあまあうまくまとめてくれた。真っ直ぐがまだ少し来てなかったが、色々テンポを変え、クイックしたり、考えながらで、徐々に良くなってきている」と一定の評価を与えていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」