野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPB史でも珍しい外国人“支配下捕手”登録 中日に27年ぶりに誕生なるか

果たしてNPBの歴史でも珍しい外国人キャッチャーが、1軍の舞台に立つことはあるのだろか。中日が、キューバ人のアリエル・マルティネスと育成選手契約を結んだ。このマルティネス、ポジションは捕手。まだ21歳と若く、マタンサスでプレーしていたキューバ国内リーグの2017-2018シーズンは68試合に出場し、打率.256、6本塁打、30打点の打撃成績をマークしたキューバ期待の強打の捕手である。

NPB史でも珍しい外国人“支配下捕手”中日に27年ぶりに誕生なるか【写真:編集部】
NPB史でも珍しい外国人“支配下捕手”中日に27年ぶりに誕生なるか【写真:編集部】

中日にキューバ人捕手のマルティネスが入団、助っ人の捕手登録の例は…

 果たしてNPBの歴史でも珍しい外国人キャッチャーが、1軍の舞台に立つことはあるのだろか。中日が、キューバ人のアリエル・マルティネスと育成選手契約を結んだ。このマルティネス、ポジションは捕手。まだ21歳と若く、マタンサスでプレーしていたキューバ国内リーグの2017-2018シーズンは68試合に出場し、打率.256、6本塁打、30打点の打撃成績をマークしたキューバ期待の強打の捕手である。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 毎年、数多くの助っ人外国人が日本にやってくる。だが、助っ人外国人捕手となると、その存在はかなり稀有なものとなる。最近では2015年に楽天に在籍したアレハンドロ・ゼコビア(イースタンリーグ30試合でマスクを被った)、2013年から2年間DeNAに在籍したケビン・モスカテル(2013年にイースタンリーグで11試合、2014年に3試合でマスクを被った)らがいたが、ともに育成契約だった。 

 支配下契約となると、1989年から1992年までロッテに在籍したマイク・ディアズまで遡る。1989年に来日したディアズは外野手として入団。1年目に130試合に出場し、打率.301、39本塁打、105打点の好成績をマーク。2年目の1990年も128試合に出場して打率.311、33本塁打、101打点を記録した。起用は指名打者が中心だったが、2年目に村田兆治とバッテリーを組むなど捕手としても出場すると、3年目は捕手として登録された。これが、NPBの歴史で、外国人が捕手で支配下登録された最後のケースとなっている。

 2000年に中日に在籍し「ディンゴ」の愛称で登録されたデーブ・ニルソンは、オーストラリア代表の捕手。ブルワーズ時代には野茂英雄とバッテリーを組んだこともあるが、中日では外野手登録。18試合に出場しただけで退団となったが、1試合だけ捕手としてマスクを被ったこともある。阪神の新助っ人のウィリン・ロサリオはロッキーズ時代の2012年には28本塁打を放った捕手。2015年からは一塁手での出場がほとんどだが、緊急事態で応急処置的にマスクを被ることは可能だろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」