野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

悩めるホークス上林 「練習は100点満点」の評価も…浮き彫りとなる課題

ライトで開幕スタメンを狙うソフトバンク・上林誠知がまだまだ悩んでいる。15日の巨人戦は途中出場で2打数ノーヒット。藤本博史打撃コーチは、課題となるポイントを挙げた上で「短期間で修正します」と言い切った。

ソフトバンク・藤本博史打撃コーチ、上林誠知、王会長(左から)【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・藤本博史打撃コーチ、上林誠知、王会長(左から)【写真:藤浦一都】

求められるのは結果、藤本コーチ「短期間で修正します」

 ライトで開幕スタメンを狙うソフトバンク・上林誠知がまだまだ悩んでいる。15日の巨人戦は途中出場で2打数ノーヒット。藤本博史打撃コーチは、課題となるポイントを挙げた上で「短期間で修正します」と言い切った。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 前日はスタメンでマルチ安打を記録した上林だったが、この日は一時逆転した5回、2死二、三塁の追加点のチャンスで打席に立ち、力のないライトフライ。8回の第2打席も平凡なショートゴロに終わった。試合前の練習では王貞治会長からアドバイスを受ける場面も見られたが結果を残せなかった。

 藤本コーチは「(ボールに対して)距離を取ってる感がない。中に入れないでもっと前(のポイント)でいいからしっかり振れと言っているんだけどね。練習では100点満点、ロングティーでも100点満点の打球を打てるのに、それが試合で出せない」と語る。前日の2本のヒットについても「ヒットを打ってるというより衝突」と手厳しい。

「まあ、三振を恐れずに振れと言っても、あいつも結果を求められる立場やから難しいのはわかる。柳田みたいにブンブン振り回しても『何してんの』って言われるからね」と、上林が置かれている立場に理解は示す。その上で次のヤフオクドームでの中日戦までの4日間を1つの区切りとし「短期間で修正します」と語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」