野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 驚異の鬼肩は「ロケットショット」 MLB捕手が美技・膝つきスローを披露

驚異の鬼肩は「ロケットショット」 MLB捕手が美技・膝つきスローを披露

メジャーでは29日(日本時間30日)の開幕に向けて、各選手が最終調整を行っている。だが、どうやら準備万端と言ってもおかしくない人物がいるようだ。パイレーツの捕手フランシスコ・セルベリだ。

パイレーツのフランシスコ・セルベリ【写真:Getty Images】
パイレーツのフランシスコ・セルベリ【写真:Getty Images】

パイレーツ捕手セルベリが二塁へキャノン砲発射

 メジャーでは29日(日本時間30日)の開幕に向けて、各選手が最終調整を行っている。だが、どうやら準備万端と言ってもおかしくない人物がいるようだ。パイレーツの捕手フランシスコ・セルベリだ。ベネズエラ出身の32歳捕手は、オープン戦からその強肩を惜しげもなく発揮。試合の実況アナは「ロケットショットだ」と驚愕した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 その鬼肩が披露されたのは、15日(同16日)の敵地ヤンキース戦だった。「4番・捕手」でスタメン出場したセルベリは、まず初回に先制2ランを左翼席に運び、先発マスグローブを援護。そして3回、先頭ウェイドを歩かせた後、ガードナーを打席に迎えた時だった。

 マスグローブが初球を投げると同時に、一塁走者ウェイドが二盗を仕掛けた。すると、セルベリは捕球するやいなや、両膝をついたまま低い弾道で矢のような送球をした。ショートバウンドした球が二塁ベースカバーに入ったロドリゲスのミットに収まった時には、ウェイドはまだ二塁ベースまで1メートル以上を残した状態。余裕でアウトを奪うと、実況は「これはロケットショットですね」と感心した様子だった。

 バットはもちろん肩の調子も抜群のセルベリ。いつ開幕が訪れても攻守にわたり、まったく問題なさそうだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」