野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「相手より自分」―大谷翔平、順応に苦闘する中で見せる芯の強さと分析力

「相手より自分」―大谷翔平、順応に苦闘する中で見せる芯の強さと分析力

16日(日本時間17日)のロッキーズ戦で2被弾を含む7安打7失点と炎上し、1回1/3で降板したエンゼルスの大谷翔平投手。ベーブ・ルース以来の“二刀流”実現を目指す23歳には、入団前から大きな期待が寄せられていた。キャンプインしてオープン戦を重ねる中で、投打ともに思うような結果が残せず、周囲からは今後を不安視する声が挙がっているが、試合後の会見に臨んだ大谷は、目の前の結果に左右されない芯の強さと、現状を客観的に分析する力を感じさせた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

1回1/3を7失点で降板、足りないのは腕を振り切っての「もう一押し」

 16日(日本時間17日)のロッキーズ戦で2被弾を含む7安打7失点と炎上し、1回1/3で降板したエンゼルスの大谷翔平投手。ベーブ・ルース以来の“二刀流”実現を目指す23歳には、入団前から大きな期待が寄せられていた。キャンプインしてオープン戦を重ねる中で、投打ともに思うような結果が残せず、周囲からは今後を不安視する声が挙がっているが、試合後の会見に臨んだ大谷は、目の前の結果に左右されない芯の強さと、現状を客観的に分析する力を感じさせた。

【PR】大谷翔平を観るなら「DAZN」、出場試合を放送予定! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 ロッキーズ打線を圧倒した初回から一変、2回は先頭デズモンドの左翼へのソロ弾を皮切りに7点を失った。アレナドに豪快な3点弾を許した後で1死を奪って降板。乱調の原因について「1イニング目よりしっかり腕を振っていなかった。そこじゃないかなと思います。前回もイニングの入りはよくなかったので、今回もそういう形で出ていたんじゃないかと思います」と分析した。

 2回、アイアネッタに死球を当てた後、4本の単打で続かれたが、痛打された当たりは少なく、フワリとした打球が守備の合間を抜ける場面も。大谷はこの場面に関しても「間を抜けるような打球は、投げ切っても(バットで)振り切られている部分があるんじゃないかと思う。その“もう一押し”っていうのが、しっかり腕を振ることによって押し切れれば、いい形で2イニング目もできていたんじゃないかと思います」と振り返った。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬