野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBで“大リーグボール”が現実に? 「クレイジー」…いや、「完璧なバント」!?

MLBで“大リーグボール”が現実に? 「クレイジー」…いや、「完璧なバント」!?

日本のアニメ「巨人の星」で主人公・星飛雄馬がバットを狙い凡打にする魔球として有名な“大リーグボール”。世界最高峰のメジャーリーグでも正真正銘の”大リーグボール1号”が誕生し、話題を集めている。

アスレチックスのアンソニー・ガルシア【写真:Getty Images】
アスレチックスのアンソニー・ガルシア【写真:Getty Images】

「巨人の星」で登場する“魔球”がメジャーで実現? 「クレイジー」

 日本のアニメ「巨人の星」で主人公・星飛雄馬がバットを狙い凡打にする魔球として有名な“大リーグボール”。世界最高峰のメジャーリーグでも正真正銘の“大リーグボール1号”が誕生し、話題を集めている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 見るもの全ての頭に「?」マークが生まれたのは17日(日本時間18日)に行われたアスレチック対ジャイアンツ戦の一幕だ。

 7-3とアスレチックスリードで迎えた6回無死一塁。ジャイアンツの右腕フリアン・フェルナンデスが投じたすっぽ抜けの変化球は、右打席に入ったアンソニー・ガルシアの背中付近に。死球を回避するため一塁方向に身を動かしたガルシアだったが、なんとボールはバットに直撃。三塁線に転がっていくゴロに気づいたガルシアは全力で一塁へ向かったが、アウトになった。

 MLB公式ツイッターはこの動画と共に「進塁させるひとつの方法…」と見出しを付け、打ち取られたものの、結果的にガルシアの“絶妙のバント”となったことを紹介。また、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」でも「アンソニー・ガルシアがバットを振らずにゴロアウトで最大の不運」と珍しいシーンを紹介している。

 公式ツイッターにはファンからのコメントも投稿されており「完璧なバント」「クレイジーだ…」と驚きの声が上がっている。日本のアニメで登場する“魔球”が、本場・メジャーの舞台でも実現する珍場面となった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」