野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 失敗から学んだグリエルを支えるサポート 世界一軍団の絆を米メディア特集

失敗から学んだグリエルを支えるサポート 世界一軍団の絆を米メディア特集

2月末に左手有鉤骨の除去手術を受け、開幕を故障者リスト(DL)で迎えることになったアストロズのユリエスキ・グリエル内野手。回復まで5~6週間ほど掛かる見込みで、メジャー復帰は早くても5月以降となりそうだ。だが、復帰が決まっても、グリエルはすぐに試合出場することはできない。

アストロズのユリエスキ・グリエル【写真:Getty Images】
アストロズのユリエスキ・グリエル【写真:Getty Images】

昨季WSで差別行為、失敗から学ぶグリエル

 2月末に左手有鉤骨の除去手術を受け、開幕を故障者リスト(DL)で迎えることになったアストロズのユリエスキ・グリエル内野手。回復まで5~6週間ほど掛かる見込みで、メジャー復帰は早くても5月以降となりそうだ。だが、復帰が決まっても、グリエルはすぐに試合出場することはできない。昨年ワールドシリーズ第3戦で当時ドジャースだったダルビッシュ有投手に対して行った差別的行為により、5試合の出場停止が科せられているからだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ワールドシリーズ優勝を果たしながらも、同時に反省と勉強のオフを過ごしたグリエルと、他意のない過ちを犯したチームメイトをサポートするアストロズ選手について、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」が特集記事で伝えている。

 アストロズは昨季、ドジャースとワールドシリーズ第7戦まで一進一退の攻防を繰り広げ、悲願の球団史上初となる世界一に上り詰めた。だが、思わぬ形で熱戦に水を差してしまったのが、第3戦に先発したダルビッシュから本塁打を放ったグリエルが、重大な差別行為に当たるとは知らずに取った行為だった。

 母国キューバ以上にアメリカ合衆国という国は、人種差別に対して敏感な国だ。記事の中で、グリエルは「大きな問題になるとは思っていなかった」と明かしているが、瞬く間に全米に広がり、試合が終わる頃には大問題に膨れあがっていた。グリエルはすぐに謝罪し、ダルビッシュは「完璧な人間はいない。ここから学んでくれれば」と声明を発表。マンフレッドMLBコミッショナーはグリエルに2018年初戦から5試合の出場停止処分、そして8時間の講習受講を義務づけた。

 オフに入ってから、グリエルは世界一の喜びを感じると同時に、自分の犯した過ちに「取り憑かれ、何度も考えた」と明かす。オフ中に受講した講義でアメリカの道徳規準を学び、家族と一緒に住むマイアミに住む多くのキューバ人やキューバ系アメリカ人にも「キューバの文化がどこでも通用するわけじゃない。違う国には違う基準がある。それは尊重しないといけない」と伝えたという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」