野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「松坂大輔でなければ今の投球で1軍はない」 山崎武司氏が指摘する課題

中日の松坂大輔投手が開幕ローテーション入りへ向けてアピールを続けている。「平成の怪物」は2015年に日本球界に復帰し、大きな話題を呼んだものの、右肩の故障などに苦しみ、ソフトバンクでは3年間で1軍登板1試合のみ。しかし、今季加入した中日では順調にキャンプを消化し、オープン2試合で防御率7.20ながら、徐々に実戦感覚を取り戻している。

復活が期待される中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
復活が期待される中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

OP戦2試合で防御率7.20も徐々に感覚取り戻す松坂、開幕1軍への課題は…

 中日の松坂大輔投手が開幕ローテーション入りへ向けてアピールを続けている。「平成の怪物」は2015年に日本球界に復帰し、大きな話題を呼んだものの、右肩の故障などに苦しみ、ソフトバンクでは3年間で1軍登板1試合のみ。しかし、今季加入した中日では順調にキャンプを消化し、オープン2試合で防御率7.20ながら、徐々に実戦感覚を取り戻している。

 ただ、本当に重要なのは、やはりペナントレースが開幕してから。松坂は本当に活躍できるのか。そして、中日の戦力になるのか。ファンの興味はこの2点に集中しているのではないだろうか。キャンプを視察し、オープン戦の松坂の投球も注視している中日OBの野球解説者・山崎武司氏は「松坂大輔じゃなければ、今の投球では1軍のチャンスはない」と率直な見方を示した上で、「すべてはストレートの出来」とキーポイントを挙げた。

 まず、キャンプから実際に見てきた松坂の投球について、山崎氏は「3年間何もやってなくて、よく頑張ってるなって。それだけ。その印象だけ」と言う。開幕ローテ入りの可能性についても「いいとか、悪いとか、みんなが色々言ってるけど、松坂大輔じゃない違う人物が今のピッチングをそのまましていたら、1軍のチャンスはないわな」と指摘。投球そのものを見れば、まだまだ物足りないとの評価だ。

 松坂は今年9月に38歳になる。圧倒的な投球を見せていた全盛期の姿に戻ることは「みんな求めていないし。要求していない。それは当然」だという。山崎氏が望んでいるのは、競争の中で松坂が先発ローテーションの座を射止めること。伸び盛りの若手にチャンスを与えるのか、ベテラン右腕の豊富な経験に期待するのか。どの球団も、この選択を迫られる。

「しっかりとした段階を踏んで(開幕後に)1軍で投げてほしいな、と。やっぱり彼(松坂)のためのドラゴンズじゃないから。チームを強くするために松坂を起用する、というのが一番の目的だから。結果を残さずに投げるチャンスを与えるのは、フェアじゃない。若くて伸び盛りの選手もいる。その辺が、外から見ていてどうなのかなと(思う)。オープン戦で結果を残さないといけない」

 山崎氏はこう“提言”する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」