野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、ロメロが2安打3打点の活躍 OP戦は4割越えと絶好調

オリックスのロメロが4番の仕事を果たした。20日、広島とのオープン戦(ほっと神戸)に「4番・右翼」で先発出場し2打数2安打3打点の活躍を見せた。

オリックスのステフェン・ロメロ【画像:(C)PLM】
オリックスのステフェン・ロメロ【画像:(C)PLM】

来日1年の昨季は26本塁打をマーク

 オリックスのロメロが4番の仕事を果たした。20日、広島とのオープン戦(ほっと神戸)に「4番・右翼」で先発出場し2打数2安打3打点の活躍を見せた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 1-1の同点で迎えた3回。2死二塁から広島・薮田が投じた101キロのカーブに食らいつくと打球は左前に弾む勝ち越しタイムリー。打席では140キロ後半の直球を待ちながらも「しっかりタイミングを取ることができた」と、納得の一打を振り返った。

 さらに4回2死満塁でも外角のスライダーを左前に運ぶ2点タイムリーを放ち、勝負強さを見せつけたロメロ。これでオープン戦は10試合に出場し21打数9安打、1本塁打、6打点の打率.429と好調をキープ。

 昨年はケガもあり103試合の出場となったが打率.274、26本塁打をマーク。来日2年目の助っ人は今季もチームの4番を務めることになるが「まずは去年の数字よりいいものを残したい。自分の仕事をきっちりすること」と活躍を誓った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」