野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日守護神・田島に募る不安 3試合連続失点でOP戦防御率は16.88

たかがオープン戦、されどオープン戦。中日にとっては、痛恨の1発、いや2発だった。そして、シーズンに向けて不安が募る敗戦だった。

中日・田島慎二【写真:荒川祐史】
中日・田島慎二【写真:荒川祐史】

20日のソフトバンク戦では中村晃に同点ソロ、川島にサヨナラ3ランを被弾

 たかがオープン戦、されどオープン戦。中日にとっては、痛恨の1発、いや2発だった。そして、シーズンに向けて不安が募る敗戦だった。 

【PR】「DAZN」なら中日戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 20日、ヤフオクドームで行われたソフトバンクとのオープン戦。1点リードで迎えた9回に、クローザーの田島慎二が炎上した。まず先頭の中村晃に真ん中へのシュートを右翼席に運ばれ、ソロを被弾。オープン戦8連敗中だったホークスに、同点に追いつかれた。 

 続く松田は三塁へのボテボテの内野ゴロとなったが、これを堂上直が一塁へショートバウンドの悪送球。これでリズムが崩れたか。犠打で二塁へ進められ、代打・本多を今季から導入の申告敬遠で歩かせると、今宮を遊ゴロで打ち取って2死としたが、最後は川島にやられた。 

 3ボール1ストライクからの5球目。内角高めへの真っ直ぐを完璧に捉えられた。打球は左翼スタンドへ届くサヨナラ3ラン。試合後は「高さ、コントロールも大事」と語った田島だったが、5回まで5点をリードしながらの逆転負けに、不安を覚えた中日ファンも少なくないだろう。 

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬