野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「去年よりもしっかりしないと」5年ぶり主将外れたロッテ鈴木の新たな決意

「キャプテンを外れましたが、去年よりも自分がしっかりしないといけないと思っています」。 2014年からチームキャプテンを務めた千葉ロッテの鈴木大地選手から今年、5年ぶりに“キャプテン”という肩書きが外れた。

ロッテ・鈴木大地【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・鈴木大地【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ゴールデングラブ受賞の二塁手から三塁手へコンバート

「キャプテンを外れましたが、去年よりも自分がしっかりしないといけないと思っています」

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2014年からチームキャプテンを務めた千葉ロッテの鈴木大地選手から今年、5年ぶりに“キャプテン”という肩書きが外れた。

「キャプテンの時にやっていたのに、肩書きが外れた瞬間、ダメじゃないかと言われたくない。今年の方が今までよりももっと声を出そう、元気出してやってやろうという気持ちになっています」

 キャプテンという立場ではなくなったが、チームを引っ張るという気持ちに変わりはない。むしろ、今まで以上にリーダーシップを発揮していくつもりだ。

 キャプテンの肩書きが外れた他にも、守備位置で二塁から三塁へコンバートという“変化”があった。

 昨年は遊撃から二塁に転向した。二塁手として1年目ながら、堅実な守備で自身初のゴールデングラブ賞を受賞。だが今年、チーム事情により再びコンバートとなった。

 東洋大学時代以来となる本格的に三塁挑戦に、鈴木選手は「去年はセカンドの近いところから、三塁は(一塁までの送球が)遠いなと思いました」と話し、「またイチからのスタート」と前を向いた。

「スローイング、足の運び、二遊間と三塁のスタート、構えの違いを春季キャンプから教えてもらっています。少しずつやってきて慣れてきました」とコーチから指導を仰ぎながら、新たな主戦場となる三塁の感覚をつかんでいる。

 キャプテンを外れ、守備位置が三塁となった今季も、チームリーダーとして千葉ロッテの先頭には鈴木大地選手がいる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」