野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中継ぎ・先発でフル回転も…西武・武隈の汎用性がチームにもたらす利益

局面を問わず、飄々とマウンドに立ち続けるタフネス左腕の献身は、とどまるところを知らないようだ。

先発調整も進める西武・武隈祥太【写真:編集部】
先発調整も進める西武・武隈祥太【写真:編集部】

今季は「有事の備え」で先発にも挑戦

 局面を問わず、飄々とマウンドに立ち続けるタフネス左腕の献身は、とどまるところを知らないようだ。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 埼玉西武の武隈祥太投手は現在、これまで主戦場としてきた中継ぎだけではなく、先発としての調整も行っている。抜群の制球力と多彩な変化球を武器に、幅広い起用に応えてきた左腕。実際にまっさらなマウンドに立つ機会がどれほどあるのか分からないが、この経験は確実に、自身の汎用性を一層高めるものとなるだろう。

 2007年の高校生ドラフト4巡目で指名された武隈投手は、7年目の2014年に頭角を現し、翌年から3年連続で50試合以上に登板するブルペン陣の柱となった。昨季も58試合に登板して5勝2敗13ホールド、防御率3.14という好成績を残しており、中継ぎ左腕としてフル回転を続けている。

 実は2007年、埼玉西武は高校生ドラフトにおける上位2選手の指名権を持っていなかった。つまり、西武にとっては事実上の最高位となる4巡目で、当時決して全国区の選手ではなかった武隈投手を指名していることになる。

 現在の活躍ぶりを思えば、埼玉西武スカウト陣の眼力はさすが、といったところだろう。

 そんな武隈投手は今季、先発としての登板を視野に入れて調整を行っている。あくまでも先発が不足した時などの「有事の備え」だというが、2月27日の韓国・斗山ベアーズとの練習試合では、4回を無失点に抑える好投を見せた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」