野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 【PR】“プロ野球元年”迎えたDAZNの教科書 世界最大級のスポーツライブ配信を楽しむ「5大ポイント」

【PR】“プロ野球元年”迎えたDAZNの教科書 世界最大級のスポーツライブ配信を楽しむ「5大ポイント」

世界最大級のデジタル・コンテンツ「DAZN(ダゾーン)」は2018年に「野球元年」を迎えた。2016年7月にサッカーJリーグと2017シーズンから10年総額2100億円の巨額契約を締結して大きな話題となったが、今シーズンから野球のコンテンツを一気に拡充。北海道日本ハムファイターズのスピードスター、西川遥輝外野手、横浜DeNAベイスターズの守護神、山崎康晃投手がDAZNアンバサダーに就任し、幕末の志士に扮するテレビCMも大きな話題となっている。

プロ野球11球団の本拠地戦を放送&MLBも楽しめるDAZN

 世界最大級のデジタル・コンテンツ「DAZN(ダゾーン)」は2018年に「野球元年」を迎えた。2016年7月にサッカーJリーグと2017シーズンから10年総額2100億円の巨額契約を締結して大きな話題となったが、今シーズンから野球のコンテンツを一気に拡充。北海道日本ハムファイターズのスピードスター、西川遥輝外野手、横浜DeNAベイスターズの守護神、山崎康晃投手がDAZNアンバサダーに就任し、幕末の志士に扮するテレビCMも大きな話題となっている。

【PR】プロ野球観るなら「DAZN」! NPB&MLB公式戦など野球コンテンツが充実

「時代を変えろ」CMでも従来のテレビ中継に変わる新たな観戦のスタイルとして、強烈なメッセージを野球ファンに投げかけている。

 読売ジャイアンツの試合を除く11球団の本拠地ゲームの公式戦主催試合の放映(一部を除く)が決定し、すでにオープン戦から中継されている。メジャーリーグ(MLB)の熱戦も1日4試合中継されることも決定し、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手の登板試合は全試合中継予定となっている。

 スポーツコンテンツの「黒船」と位置付けられているDAZNに、まだ馴染みの薄いファンもいるかもしれない。DAZNがすぐにわかる「5つのポイント」を紹介したい。

〇DAZNとは何なのか?

 英国を拠点とした「Perform Group」が、2016年8月にスタートさせたスポーツ専門の動画配信サービス(もしくは、スポーツ・チャンネル)。この特徴は試合の開催時刻だけではなく、好きな時、好きな場所で、好きな競技、好きな試合をスマートフォンやタブレット、PC、家庭用テレビなど、インターネットに接続された環境で、楽しむことができる。オンデマンドで最大30日間の見逃し配信を提供していることも、多忙な人たちには魅力的だ。現在は日本、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダの5か国でサービスが展開されている。

〇2018年はプロ野球界のDAZN元年!

 すでにライブストリーミングサービス「スポナビライブ」が5月31日で終了することが発表され、コンテンツの大半をDAZNが引き継ぐことになった。そして、MLBに加え、プロ野球11球団の公式戦も配信することが決まった。

 自分の一押しの球団のみならず、ライバル球団の気になる選手、例えば、北海道日本ハムファイターズの大型新人、清宮幸太郎内野手のプレーも逐一チェックできるなど、選択肢の多さは大きな魅力といえそうだ。

〇野球だけにとどまらない圧倒的な多様性!

 DAZN加入時に視聴できるジャンルは多種多用だ。野球のみならず、サッカーでも、従来プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラは毎節5試合の配信だったものが、全試合が放映されることになった。2018-19シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップを3年間にわたって独占放映することも決定。その一方で、ブンデスリーガは2017-18シーズン限りで配信終了へ。

 西川外野手はチームの移動中にプロゴルファーの松山英樹選手(LEXUS)の出場するPGAツアーなどを視聴し、リラクゼーションにつなげていると告白していた。

 またBNPパリバ・オープンで初優勝を果たしたニューヒロイン、大坂なおみ選手(日清食品)が大ブレークしている女子テニスWTAのツアーや卓球、ボクシングも網羅しており、様々なスポーツを愛する人たちにとって豊富な選択肢を手にすることができる。

 今後はさらなるサービス向上を目指しているDAZN。最新情報をプッシュ通知するフォロー機能や、「ダウンロード視聴」機能が実装される予定となっている。

【PR】プロ野球観るなら「DAZN」! NPB&MLB公式戦など野球コンテンツが充実

〇気になるお値段は?

 現状で設定されている料金は、以下の3タイプとなっている。

【一般ユーザー】
 DAZNの通常の月額料金は1750円(税抜)で、全てのコンテンツが見放題。2018年からのプロ野球コンテンツは一気に拡充したが、価格は据え置きとなっている。

【docomoユーザー】
「DAZN for docomo」を利用することで、月額980円(税抜)という破格の料金が実現。視聴できるコンテンツに違いはない上、一般ユーザーの半額近くという、かなりお値打ちな料金設定となっている。

【スポナビライブ会員向け特別割引プラン】
「スポナビライブ」の月額プランに加入しているユーザーを対象に提供され、実施期間中にDAZNに申し込めば月額980円(税抜)で視聴可能だ。

〇DAZNを視聴できる端末は?

 スマートフォンやタブレット、PC、ゲーム機、テレビなどインターネットに接続されている様々なデバイスで楽しめる。一つのアカウントで6つの端末まで登録可能で、同時に2つの端末で視聴できる。端末さえ準備できれば、同時開催の2試合を同時に堪能できることも大きなメリットだ。

■モバイル&タブレット
DAZNアプリをiOSまたはAndroidからダウンロード
※iOS:9.0以上のデバイス、Android:4.4以上のデバイス

■パソコン
Google Chrome
Safari
Firefox
Internet Explorer
Microsoft Edge
※Windows8.1、Windows10、MacOSX以上のデバイス

■テレビ
Android TV(SONY 等)
Panasonic Smart TV (2014+)
LG Smart TV (2014+)
TOSHIBA Smart TV
Sony Smart TV (2014+)
DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016+)
Amazon Fire TV
Fire TV Stick
Google Chromecast
Apple TV
SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40のみ)
ひかりTV対応チューナー ST-3400
Air Stick
Air Stick 4K
ドコモテレビターミナル

■ゲーム機
PlayStationR3
PlayStationR4
PlayStationR4 Pro
Xbox One

【PR】プロ野球観るなら「DAZN」! NPB&MLB公式戦など野球コンテンツが充実

(Full-Count編集部)