野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

川崎退団を発表したホークス三笠取締役「今後もサポートしていきたい」

年が明けても今季の契約が結ばれないまま、去就が注目されていた“ムネリン”こと川崎宗則。シーズン開幕直前の27日付けで自由契約で退団することが明らかにされた。26日午後、急遽囲み取材に応じた三笠杉彦取締役球団統括本部長の話は以下の通りだ。

昨年のソフトバンク復帰会見時の川崎宗則【写真:藤浦一都】
昨年のソフトバンク復帰会見時の川崎宗則【写真:藤浦一都】

三笠取締役「自由契約は本人からの希望で、その意向を尊重」

 ソフトバンクは26日、今季の契約が行われないままだった川崎宗則について、27日付けで自由契約とすることを発表した。本人の意向を尊重したうえでの結論で、川崎はホークスを退団することが決まった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 年が明けても今季の契約が結ばれないまま、去就が注目されていた“ムネリン”こと川崎宗則。シーズン開幕直前の27日付けで自由契約で退団することが明らかにされた。26日午後、急遽囲み取材に応じた三笠杉彦取締役球団統括本部長の話は以下の通りだ。

 「本人と直接会ってじっくり話をしての結論。球団としては今シーズンもプレーしてもらいたいと言ってきたが、心身ともにプレーできる状態ではないという本人のことも踏まえて、こういう形になった。自由契約は本人からの希望で、その意向を尊重した。あれくらいの選手だから、今後に向けての話し合いは続けていきたいし、サポートできることがあればサポートしていきたい」

 1年前の2017年4月1日、米球界から6年ぶりにホークスに復帰。2017年シーズンは両足アキレス腱の不調もあり、1軍公式戦の出場は42試合。打率.241、4打点という成績に終わった。しかし、復帰後もファンの人気は衰えることなく、ムネリングッズの売り上げも好調だった。

 「ホークスから育ってくれた選手。彼の豊富な経験の中から『こうしたらどうだ』という提言もたくさんんもらった。どういう形になるかはまだ見えないが、早く心も体も回復して日本球界発展に貢献してほしい」と三笠本部長。今後、本人が報道陣の取材に応じることも、チームに退団の挨拶に来ることも現時点では難しいと考えられる。松田宣浩とはまた違うムードメーカーの退団は、チームにとって大きな痛手であることは間違いない。ただ、今はムネリンがもう一度野球と向き合えるだけの気持ちを取り戻してくれることを願うばかりだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」