野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天・則本を止める投手は現れるのか? 今季達成なら21世紀初の大記録

楽天の則本昂大投手が今季、21世紀に入ってから初となる5年連続最多奪三振のタイトルに挑む。則本は入団2年目の2014年に204奪三振を記録し、初めて同タイトルを獲得すると、翌15年は215奪三振、16年が216奪三振、そして昨季は222奪三振と、毎年奪三振の数を増やしている。

5年連続最多奪三振のタイトルに挑む楽天・則本【写真:荒川祐史】
5年連続最多奪三振のタイトルに挑む楽天・則本【写真:荒川祐史】

プロ2年目の2014年から4年連続で最多奪三振のタイトルを獲得

 楽天の則本昂大投手が今季、21世紀に入ってから初となる5年連続最多奪三振のタイトルに挑む。則本は入団2年目の2014年に204奪三振を記録し、初めて同タイトルを獲得すると、翌15年は215奪三振、16年が216奪三振、そして昨季は222奪三振と、毎年奪三振の数を増やしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 特に昨季は4月19日の西武戦から6月8日のDeNA戦にかけて、NPB新記録となる8試合連続2桁奪三振をマークし、その間に90個の三振を奪った。

〇8試合連続奪三振の記録

4月19日 10K 西武戦
4月26日 10K ロッテ戦
5月3日 12K オリックス戦
5月10日 12K ロッテ戦
5月17日 12K 日本ハム戦
5月25日 10K オリックス戦
6月1日 12K 巨人戦
6月8日 12K DeNA戦

 昨季、則本のイニング数は最多奪三振のタイトルを獲得してから最も少ない185回2/3で、この4年間で最も多い222奪三振を記録。奪三振率は初めて10点台(10.76)をマークした。則本以外のライバル投手を見てみると、西武・菊池雄星がその一人になりそうだ。

 菊池は昨季、222奪三振の則本投手に次ぐ217奪三振をマークし、あと一歩のところで同タイトルを逃した。奪三振率も10.41と奪三振能力が非常に高い。7月以降は12試合に登板して7度2桁奪三振を挙げるなど、116奪三振を記録。この数字は則本投手の103奪三振を上回る。

 春先に奪三振数があまり伸びなかった菊池だが、今シーズンは開幕から昨季7月以降のペースで三振を積み重ねることになれば、則本にとってはかなりの脅威となりそうだ。21世紀初の5年連続奪三振王、さらには5年連続200奪三振に向けて、楽天のエース・則本投手は懸命に腕を振り続ける。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」