野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 充実する西武のブルペン陣 かつてのウィークポイントが大きな武器になるか?

充実する西武のブルペン陣 かつてのウィークポイントが大きな武器になるか?

西武は2009年と2010年に涌井秀章(現ロッテ)、岸孝之(現楽天)、石井一久など強力な先発陣を誇っていたが、救援防御率は4点台と大きな不安を抱えていた。

左肘の手術から完全復活を目指す西武・高橋朋己【写真:編集部】
左肘の手術から完全復活を目指す西武・高橋朋己【写真:編集部】

「勝利の方程式」牧田、シュリッターが退団も…

 西武は2009年と2010年に涌井秀章(現ロッテ)、岸孝之(現楽天)、石井一久など強力な先発陣を誇っていたが、救援防御率は4点台と大きな不安を抱えていた。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 西武戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 だが、かつてはウィークポイントだった救援陣も近年は整備されている。昨季は牧田和久、シュリッター、増田達至の“勝利の方程式”に加え、武隈祥太、平井克典、大石達也らの活躍もあり、救援防御率は3.32を記録した。

 今季は牧田、シュリッターが退団したが、2014年から2年連続で60試合に登板した経験を持つ高橋朋己が左肘の手術から戻り、今季は再び“勝利の方程式”の一角を担う活躍が期待される。さらに、ルーキーイヤーの昨季42試合に登板し防御率2.40と好成績を残した平井克典も、オープン戦8試合に登板し3セーブ、防御率2.25と結果を残し“勝利の方程式”入りへアピールした。

 2016年にロングリリーフを中心に50試合に登板するも昨季わずか10登板にとどまった小石博孝は、3月9日に行われた楽天とのオープン戦で1回を3者凡退に打ち取るなど、オープン戦は6回1/3を投げて無失点と安定した投球を見せた。

 さらに、ここへ来て阪神から榎田大樹をトレードで獲得。榎田は近年、苦しいシーズンが続いているが、新人時代の2011年に62試合に登板して、防御率2.27をマークするなど実績は十分。これまでもトレードで復活したケースは多くあり、新天地で再び力を取り戻す可能性もありそうだ。

 救援陣が充実したことで、3年連続50試合登板を続ける武隈を、手薄な先発で試すことができた。かつては“ウィークポイント”と言われていた西武の救援陣だが、チームの武器のひとつになろうとしている。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」