野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス退団の川崎宗則 記憶にも記録にも残るプロ18年間の歴史

昨オフから未契約の状態となっていたソフトバンクの川崎宗則が、故障と自律神経の病気を理由に退団を表明した。NPBで13年、MLBで5年のキャリアだった。

ソフトバンクから退団となった川崎宗則【写真:藤浦一都】
ソフトバンクから退団となった川崎宗則【写真:藤浦一都】

ケガと自律神経の病気によりソフトバンクを退団

 昨オフから未契約の状態となっていたソフトバンクの川崎宗則が、故障と自律神経の病気を理由に退団を表明した。NPBで13年、MLBで5年のキャリアだった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 川崎宗則は「松坂世代」の一学年下。鹿児島工から1999年のドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団。甲子園経験はなかったが、身体能力の高い内野手として注目され、2003年には鳥越裕介に代わって正遊撃手のポジションを獲得、以後、リーグ屈指の遊撃手として活躍した。

 打っては積極的な姿勢で、鋭い打球を左右に打ち分ける広角打法。足も速く、盗塁王1回。30盗塁以上を5回も記録している。はつらつとしたプレーで人気も高く、2003年から8年連続でオールスターゲームに出場した。

 人気、実力ともに備わった2011年オフ、MLBに挑戦を表明。尊敬するイチローの後を追ってシアトル・マリナーズにマイナー契約で入団。入団が決まった2012年春、東京ドームで行われたMLBの開幕シリーズの段階では、まだキャンプ招待選手であり、マリナーズとアスレチックスとの開幕戦には出場できなかったが、3月26日の巨人とのエキシビションゲームでは、9番遊撃手で先発。試合前にはイチローとキャッチボールする姿が見られた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」