野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス柳田の一打で投手戦にケリ 「あの高さなら前に飛ぶと思った」

30日、ソフトバンク柳田悠岐外野手の放った一打が、息詰まる投手戦にケリをつけた。互いに無得点のまま迎えた8回1死満塁。好投を続けてきたオリックス西勇輝投手の初球を左中間へと運ぶ、決勝の2点タイムリー二塁打となった。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

前の打席の見逃がし三振を猛省「追い込まれる前にと思った」

 30日、ソフトバンク柳田悠岐外野手の放った一打が、息詰まる投手戦にケリをつけた。互いに無得点のまま迎えた8回1死満塁。好投を続けてきたオリックス西勇輝投手の初球を左中間へと運ぶ、決勝の2点タイムリー二塁打となった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 8回裏のタイムリー二塁打でチームに勝利をもたらした柳田。お立ち台では「追い込まれると厳しいピッチャーなので、追い込まれる前に前に飛ばそうと思いました」と語ったが、その伏線となったのは6回裏の第3打席だ。ヒットで出た今宮が盗塁を仕掛けて2死二塁。絶好の先制機に柳田はフルカウントから見逃し三振に倒れた。

「あの見逃し三振があったから追い込まれる前に、と思った。で、初球があの高さだったので『これなら前に飛ぶ』と思って打ちました」と柳田。工藤監督も「逆方向だったし、柳田君にとってもいいヒットだったんじゃないかな」と称賛する。

 その決勝打までの3打席は三振2つとレフトへの深めのフライが1つ。それでも「結構いい感じやったんで」と、スイングや打席でのゆったり感に手応えは感じていたという。「でも、一生懸命投げてすごくリズムを作ってくれたピッチャーのおかげだし、チャンスを作ってくれた前の打者のおかげっすよ」と、仲間たちへの感謝も忘れない。

 お立ち台では好投しながら勝利を逃した千賀滉大に「千賀君にはまた次の機会に頑張ってほしい」と冗談めかしたエールを送ると、千賀もすかさず「柳田さんが打つのが遅いなと思いました」とジョークでコメント返し。お立ち台でそんなやりとりができるのも、開幕白星の効果だ。

「(カード)頭を取れたし、いい勝ち方ができたんじゃないかなと思います」という柳田は、「また明日もあるんでしっかり寝ます」と言って会見場を後にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」