野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス中村が6回に逆転満塁弾 「最低でも外野フライ」が「最高の結果に」

ソフトバンクの中村晃外野手が、起死回生のグランドスラムを放った。1日、本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦。2点ビハインドで迎えた6回に形勢をひっくり返す価値ある1発が飛び出した。

ソフトバンク・中村晃【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・中村晃【画像:(C)PLM】

オリックス山岡から試合をひっくり返すグランドスラム

 ソフトバンクの中村晃外野手が、起死回生のグランドスラムを放った。1日、本拠地ヤフオクドームで行われたオリックス戦。2点ビハインドで迎えた6回に形勢をひっくり返す価値ある1発が飛び出した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この回、先頭の本多雄一が右前安打で出塁。1死から今季まだノーヒットだった内川聖一の当てただけの打球が二塁手のわずかに先を抜けるラッキーな今季初安打を放つと、デスパイネが四球を選んで満塁に。ここで中村晃が打席に入った。

 2ボール2ストライクからの5球目。ここまで無失点と好投を見せていたオリックス先発の山岡泰輔が投じた真っ直ぐを一振りで捉えた。打球は弾丸ライナーで右翼席最前列に飛び込む満塁本塁打。劣勢だったソフトバンクがこの一振りで試合をひっくり返した。

 値千金のアーチを放った中村晃は「打ったのはストレート。前の打席のチャンスで打てなかったので、このチャンスは絶対打ってやろうと打席に向かいました。最低でも外野フライと思っていましたが、最高の結果になり良かったです」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」