野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス16年ドラ1田中正義がプロ初登板 最速153キロ、吉田正にソロ被弾

ソフトバンクの2016年ドラフト1位・田中正義投手が、プロデビューを飾った。10点の大量リードを奪った9回、開幕1軍入りをつかんだ2年目右腕が、3戦目にして初の1軍マウンドへ上がった。

2年目で初登板、1回を投げて1安打1失点1奪三振

 ソフトバンクの2016年ドラフト1位・田中正義投手が、プロデビューを飾った。10点の大量リードを奪った9回、開幕1軍入りをつかんだ2年目右腕が、3戦目にして初の1軍マウンドへ上がった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 先頭の宗を追い込むと、152キロの真っ直ぐで見逃し三振に。大城に対しての4球目にも152キロをマークし、最後は148キロで右飛。吉田正への初球に、この日最速の153キロを計時した。吉田正には左翼ホームランテラス席へのソロ本塁打を浴びたが、最後はロメロを二ゴロに打ち取り、勝ちゲームを締めくくった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」